« オークス結果 | トップページ | メジャー最終回と米の天才少女 »

2005年5月23日

こいこい7 第8話

哲郎はまたも女装して、今度はメイド喫茶(最初冥土喫茶になった)(爆)

今回は、シリアスな展開だったのだが、私が望んでいるのはこれではない。なので、ストーリーにはほとんど触れません。

光の飛鳥ヤヨイvs影のアスカヤヨイ。結局ヤヨイが力を発揮してセロニアス28号を倒してしまうわけだが、哲郎だけを守るためにヤヨイを消そうとしたはずなのに、その哲郎に手を出しちゃった時点で本来セロニアス28号の負けでしょう。

戦闘シーンでは、アスカヤヨイこと水樹奈々の歌がBGMでは(一部歌いながら戦ってたし)シリアスなシーンにしたいのかギャグにしたいのかわからん。

ヒフミは、着ぐるみのまま戦ってるし。

人手が足りないといわれて哲郎は女装させられたわけだが、ヤヨイには頼もうともしない。この前のアニメ制作の話の時といい、ヤヨイは人手には入らないようだ。彼女は主役ではないのか?

壊れたセロニアス28号を、オトメの予備のボディで、記憶と言うかプログラムというかを初期化したらしいのだが、どこら辺がセロニアス28号を助けた事になるのだろう?別人、いや別ロボット?としか言えないと思う。あ、顔か(°°;)\(- -;)オイオイ
どうせなら、あの右目を治してあげればいいのに(爆)

新セロニアス28号が噴水の水を触っていたのだが、オトメの予備のボディなら水に弱いんじゃないのか?あのくらいなら問題ないのか?

山田さんはエロが好きなのか?それもなめくじ好き?

東和野リサイタルって、あいかわらずジャイアンだし。

エンディングに、眼帯ちゃんこと新アスカヤヨイ(子供ver.)が哲郎の横に増えてるし。

今まで6人でこいこい7だったが、彼女が7人目なのか?

|

« オークス結果 | トップページ | メジャー最終回と米の天才少女 »

こいこい7」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/4243002

この記事へのトラックバック一覧です: こいこい7 第8話:

» こいこい7 第8話 なめくじ夫人の逆襲 [いぬ日記]
● こいこい7 第8話「女神覚醒!?光と影のアスカヤヨイちゃんです〜」。第1話からところどころ出てきた山田さん。本気でレズです。書く本も、官能小説。第6話で「エロじゃなくて芸術」と力説してたのも、再登場ぉーー。 ● この人、すごいバウね。大好きな松来未祐だし。メインの物語には絡んでこないだろうけど、毎回楽しみにしてしまうバウ。 ● アスカヤヨイ、幼女になっちゃったよ!すっげーかわいい! ● 関連リンク 「これは馬鹿アニメなんだ!これは馬鹿アニメなんだ! 今シリアスやってるけど、俺達の本分は馬鹿アニ... [続きを読む]

受信: 2005年5月27日 13:53

« オークス結果 | トップページ | メジャー最終回と米の天才少女 »