« こいこい7 第8話 | トップページ | 大相撲五月場所総括 »

2005年5月23日

メジャー最終回と米の天才少女

ガンダムSEED DESTINYの裏でひっそりと始まりひっそりと終わった、教育テレビのメジャー。
原作を読んでいるので、予想通りの最終回なのだが、あの終わり方は続きがありそうな気配濃厚。中学生編以降もアニメ化するのだろうか?

それにしても終わった次の週から再放送開始って。これも中学生編への布石か?

ライバルの横浜リトルの女の子投手、川瀬涼子の声を遠藤久美子がやっていた。彼女はこの3月までBSアニメ劇場のお姉さんもやっていたのでその関係もあり声をやっていたようだが、そんなに違和感はなかった。

それにしても最近のNHKのアニメには、普通の声優以外に有名な俳優さんなどが出演する事が多すぎる。ポワロとマープルでは、ポワロに里見浩太朗、マープルに八千草薫、それに毎回ゲストに誰かを呼んでいたし、その後番組である、雪の女王も、語りが仲村トオル、カイの父カールに高嶋政弘、雪の女王役に涼風真世。

どうなんでしょう、これ?
はっきり言って、ベテラン俳優さんや、舞台俳優さんは声の張りもいいし、演技も上手なので、声優として違和感がなく聞く事も出来るのだが、それ以外のドラマ俳優や歌手の人たちは、どうしても演技が不自然でその人たちが話はじめると、折角お話に集中していたのに冷めてしまう自分がいる。

NHK以外にも海外のアニメ映画の吹き替えには大抵目玉ゲストが声優を務める。
結局はマスコミに取り上げてもらうための宣伝行為なのだろうが、ゲスト声優の声を聞きたいために海外のアニメ映画を見に行く人がどれだけいるのだろう?とっても疑問。

一応メジャーの最終回ということで、微妙に野球の話。横浜リトルの川瀬涼子ちゃん顔負けの天才少女がアメリカにいた。
アメリカのリトルリーグで、全員三振でのパーフェクトを達成した女の子。
はっきりいって凄いです。いくら子供とはいえパーフェクトだけならともかく全員を三振に打ち取るのは普通できません。ただ、惜しむらくは、アメリカで女の子が野球を続けて行くのは結構大変だということ。(日本でも同じだが)これだけの才能があっても彼女がこの先どうなるかはまったく分からない。出来れば、彼女の意志で辞めるまで野球を、それも女子野球ではなく男子と一緒に続けられることを願う。

http://www.nikkansports.com/ns/baseball/mlb/p-bb-tp2-050521-0008.html

いくら細身でモデルでもおかしくない美少女でも、11歳で170cmか、デカッ(」゜ロ゜)」

|

« こいこい7 第8話 | トップページ | 大相撲五月場所総括 »

アニメ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/4243145

この記事へのトラックバック一覧です: メジャー最終回と米の天才少女:

« こいこい7 第8話 | トップページ | 大相撲五月場所総括 »