« 雪の女王 第3話 | トップページ | ココログ重過ぎ »

2005年6月 6日

こいこい7 第10話

待望のヒフミが主役だと思って期待していたら・・・・・

私が好きなのは、あんな普通のヒフミではなく「だべさ」のヒフミなのに。
最後の最後に一回きりなんて
ヒフミの回に限ってなんで普段のヒフミをやってくれないのは、私に対する嫌がらせか?

そもそもなぜヒフミはあんなところへ行ってマンドラゴラを抜いたのだ?
せめてその辺を超簡単でいいから説明してくれ。
そして記憶をなくすのは構わないが、それでも普通「だべさ」は忘れないだろう。
あれでは、別人格になっているだけで記憶をなくすのとは話が違うと思うのだが。

アキヲと仲がいいのはわかっていたが、幼馴染だったのは意外。

ヒフミが和洋中トリオに恥ずかしい格好をさせられるシーン。
いきなり、ユートピアのあのポーズとは、微妙にマニアック。
そのあとコマネチとか最後は寛平のカイーの?

引き抜いた後すぐに笑うマンドラゴラの口をアキヲは一人でどうやって縛った?
引きぬく前に縛ったのか?それとも力で気絶でもさせたか?

オトメの変なポーズといい、ガンタイちゃんのマンドラゴラを抜いて喜んでいるところといい前回の予告で使っておきながら、内容と全然関係ないし。ましてガンタイちゃんのシーンは最後のオチじゃないか。オチのシーンを予告に使うとは、酷い酷すぎる。
これをこいこい7らしさだとスタッフは勘違いしているとしたら問題だろう。

最後の「ナマは嫌」とか変なところでエロパロに走りすぎ。
最初のこいこい7が懐かしい。

次回の予告は、結構弾けていたので、今度こそ元に戻ります様に。アーメン(;゜o゜)╋

|

« 雪の女王 第3話 | トップページ | ココログ重過ぎ »

こいこい7」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/4430257

この記事へのトラックバック一覧です: こいこい7 第10話:

» こいこい7 第10話 んあ〜だべさ [いぬ日記]
● こいこい7 第10話「桃色吐息!?ヒフミちゃん舞う!うたかたの一日・・・です〜」。野良仕事が好きで、「んあー」とか「だべさ」口調のヒフミ。ちょっとバカっぽくて、マイペースなところがかわいかった。 ● 今回の話だけ、ヒフミは、しっかりした少女になってしまったー。しかも、パンツ見られて恥じらう、普通の少女の反応だ!こいこい7で、そんな頬染めが見られるとは、誰が想像しただろう。こういうヒフミもかわいい。 ● アキヲちゃんと「ふたりは仲良し」だったんですね。しらなかった。アキヲちゃんは特撮ヲタクで、ヒ... [続きを読む]

受信: 2005年6月11日 06:23

« 雪の女王 第3話 | トップページ | ココログ重過ぎ »