« エマが終わった | トップページ | 黒幕が画面に!? »

2005年6月21日

おジャ魔女どれみ ナ・イ・シ・ョ 第1話

おジャ魔女どれみナ・イ・シ・ョの第1話を見ました。

すでに、DVDやCSその他で見ている方もいると思いますが、とりあえず感想。

tvk(テレビ神奈川)で見たのだが、放送時間が夜8:00とアニメとしては微妙な時間帯。
この時間tvkはなぜかアニメを放送している。どれみの前番組は「愛してるぜベイベ」だった。

ナイショの設定は、どれみシリーズのパート3も~との番外編となっている。

今回は、小竹たち男の子の夏休みのひと夏の冒険の話。
小竹達が、自転車で富士山に登るという話を聞きつけたどれみ。
小竹が気になるどれみは、無関心を装いながらも、はづきとあいこに促され3人でこっそりと後をつける(ももことおんぷはNYにいってしまったという設定)

小竹は最初リーダーとか言われて浮かれていたが、自転車がパンクしてからパンクを直してくれた森川に主導権が移っていく。
キャンプをしようとしたが、財布を忘れ食材が買えず、ライターも忘れて火もおこせず落ち込む小竹。

最初小竹達の行動をナナメから見ていたどれみだったが、落ち込む小竹を見て助け舟を出す事に、ちょっとお姉さんに変身して、彼らを食事に招待してあげる。

夜、小竹から、足もとの道がどこまで続いているのか、自分の力でどこまで行けるか確かめてみたかったという理由を知るどれみ。

どれみは、そんな小竹を励ましてあげる。(当然どれみはお姉さんの姿のままです)
次の日の朝、小竹は林の中でオオクワガタを見つけ出したりして小竹らしさを取り戻した様だ。結局は、富士山には向かわず、一緒に旅をしていた、飯塚兄弟のおじいさいんの家に直行する事になるのだが、夕方富士山をバックにした男の子たちはいい顔してました。

そんな彼等を見ていたどれみたち、どれみはそんな男の子達をちょっと羨ましそうに見ていた。

初回にしてはどれみ達の活躍が少ないですが、どれみシリーズはもともと他の子たちにスポットを当てる事が多いし、良く出来た内容だったと思います。
ただ、おんぷとももこが、最初と最後にちょっとだけしか出てこないのが残念。
スケジュールが合わなかったのかなぁ。
でも次回は、ももこが主役の話みたいだ。今回の埋め合わせか?

冒頭で、1学期の通知表をもらうのだが、そのときその通知表を見てももこがイッちゃってます。
矢田くんのお父さんが帰ってくるということで、はづきちゃんが妄想を膨らましてこれまたイッちゃってます。
細かいところでどれみらしさが随所に出ていた第1話だったと思います。

iconicon
おジャ魔女あどべんちゃ~「ないしょのまほう」 icon

おジャ魔女どれみ ナ・イ・ショ VOL.1 icon

おジャ魔女どれみナ・イ・ショないしょのナイショ

「おジャ魔女どれみ」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« エマが終わった | トップページ | 黒幕が画面に!? »

おジャ魔女どれみ」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/4654252

この記事へのトラックバック一覧です: おジャ魔女どれみ ナ・イ・シ・ョ 第1話:

« エマが終わった | トップページ | 黒幕が画面に!? »