« 絶対少年 第6話 | トップページ | japanology ラーメン »

2005年6月25日

こいこい7 第13話(最終回)

なぜかいきなり南の島、何故?戦いはどうしたの?
という疑問を抱かせつつ話はどんどん進む。

境と略どっちがどっちか分からないうちにガンタイちゃんと同じになってるし。
幼女3姉妹ですか?

ガンタイちゃん「濡れちゃった」って、言葉はともかく海に入っているのだから最初から濡れてます。おいらはこんなのでは萌えないぞお( ̄ー ̄)o゛プルプル

ヤマトパロ全開、ユニフォームまでそのままやん。
海中にいたから最初ブルーノアを思い出したよまったく。

そして和洋中シスターズが乗る使徒ゴック
反射衛星砲って名前までそのまま、少しは捻ってくれ頼む(^∧^)オネガイ

オトメが海水に濡れてスパーク、だからどうしてオトメは水に弱いのに同じボディのガンタイちゃんシスターズは海で遊べるんだ。
温泉にも入ってたし。

そのオトメは謎のUFOに連れ去られる。
そしてリペアされたようだが、それがどうも何かの液体の中、濡れて大丈夫なのかオトメ。

先週出番のなかった山田佐藤コンビはもうこれでもかというほど愛し合っていただきました。なぜ先週出なかったんだ?演出さんが忘れたのか?

ヲリエがこいこい7メンバーの戦いをよそに温泉に浸かっていたのだが、一度100度まで上がったお湯がそう簡単に冷めないと思うぞ。

こいこいメンバー全員、今回は山田佐藤コンビに負けず劣らず脱ぎまくり、最後は裸で戦ってるし。
最後、ゴッドミーヤの波動砲を反射衛星砲で使った衛星を逆利用してアキヲが打ち返したのはナイスアイデアだったが。

哲郎の母であるらしい、羽根をもった女性の声は結局なしですか?
最終回にちょっとだけ出演してもらう声優さんをケチりましたか?

一応、哲郎の母が異世界の人で、きっとどこかで二人は出会ったが、何かで別れた、そして再び逢いたかった。
ヤヨイはどうやら哲郎の母と同じ世界の人らしい。
くらいは理解できるが・・・・・

って内容を書いていてもしょうがない。
先週の話の続きは?
完璧スルーですか?
壮絶な戦いは?
あれだけ大騒ぎしておきながら何事もなかったかのようにしてるし、哲郎の父が扉を開いた影響は結局なかったの?それなら何であんな大騒ぎしたの?

視聴者を舐めてますか?
打ち切り最終回のパロですか?
レイズナーを思い出してしまった(^^ゞ
謎を有耶無耶にして、映画化を狙っているのか?
DVDで幻の12.5話収録とかやるのか?

ある意味で、とってもこいこい7らしい最終回ではあった。
駄作と呼ばれたくなくて、問題作にしようとして失敗した感じだね。
原作者はきっと泣いているに違いない(^^ゞ

icon
icon「こいこい7」キャラクターソング~Vegetable Juice/猪飼ヒフミ(こやまきみこ) icon

「こいこい7」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« 絶対少年 第6話 | トップページ | japanology ラーメン »

こいこい7」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/4702308

この記事へのトラックバック一覧です: こいこい7 第13話(最終回):

» こいこい7 第13話 さよならありがとうメガロ [いぬ日記]
● あはは、いぬ予言者の言う通り、最後はバカだったバウね。こいこい7 第13話「南国天国!全裸で戦え!決戦場はトラトラトラです〜」。確かに最終話がシリアスになるという作品、このところ多かったバウね。みなさん、まんまと制作者の罠にはまってました。終わりの一つ前の話で、シリアス終わりになると思い込んで憤慨している様子が、大変おもしろかった。 ● 公式サイトのサブタイトル偽装や、予告を工夫することで、スタッフもうまくやってくれたー。 ● はじめてこいこい7を取り上げた「いぬ日記:2005年04月23日(... [続きを読む]

受信: 2005年7月 3日 16:07

« 絶対少年 第6話 | トップページ | japanology ラーメン »