« ぱにぽにだっしゅ! 第4話 | トップページ | おジャ魔女どれみ ナ・イ・シ・ョ 第3話 »

2005年7月26日

奥さまは魔法少女 第4話

「夕立は危険よ、ということ」

隠れて、浅羽保の雲の上のターミナルを読んでいて巽。
その本を見つけてしまい、嬉子はちょっと憂鬱に。

嬉子は、久しぶりに保の家へ。
ここでキスを迫られるも、結局拒む。
自分が着にしている事が本当に正しいのか悩む嬉子。

クルージェはあまりの退屈に死にそうに。
そんなとき、町で巽と出会う。
どうもクルージェは巽が気になるようである。

遊園地があればデートの約束をしたクルージェ。
夕立の降りしきる中、さっそく城址に遊園地を作り始める。

結局そこで嬉子と対決。
嬉子がジェットコースターに乗せられるシーンは、完全にサービスカットのためだけに作っているのが分かるんですけど。あからさますぎて個人的には好きになれません。

戦いの中での、クルージェの
「楽しむ気持ちをなくしたら魔法少女じゃない」
「いうことまでやっぱりおばさん」とか
嬉子を悩ませる言葉がいいね。

嬉子がこだわっているのは、母が作った世界を残したいのもそうだが、
変わらないからこそ存在する母のおも影を残しておきたいかららしい。
で、母はどこに行ったのだろう?このことも後々影響するのだろうか。

お約束どおり、嬉子の逆転勝だが。
なぜか一つ残ったコーヒーカップにもたれて、一人雨の中悩む嬉子。

探しに来た巽に、慰め、励まされる嬉子。
それを見つめるクルージェ。

雨で煙る世界を見て、嬉子はやっぱり何もかも消えてしまうのかと、また悩む。

思ったのだが、クルージェは巽がかなり好きらしい。
で、キスしたら魔法は使えなくなる。
嬉子は本気でクルージェに管理者になられたくないなら、巽をけしかけ、クルージェにキスさせちゃえばいいんじゃないか?

でもすぐに次の管理者候補が来ちゃうか^_^;

|

« ぱにぽにだっしゅ! 第4話 | トップページ | おジャ魔女どれみ ナ・イ・シ・ョ 第3話 »

アニメ」カテゴリの記事

奥さまは魔法少女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/5152849

この記事へのトラックバック一覧です: 奥さまは魔法少女 第4話:

» 奥様は魔法少女・第4話 [たこの感想文]
「夕立は危険よ、ということ」 巽の部屋へと掃除に入った嬉子。そこで巽が読んでいた [続きを読む]

受信: 2005年7月26日 09:34

» 17歳の奥さまは魔法少女4話・青のニーソと釘宮とハッスルババア [ブリョグ]
【奥さまは魔法少女 第4話「夕立は危険よ、ということ」】はい、今週もやってまいりました、深夜の17歳熟女エロアニメ。ニー!ソ!!青さんのエロさ・可愛さが光った回でした。神楽クンをデートに誘ったり、嬉子にジェラシったり・・・。ぼ、僕チンは、12歳の少女に誘われたら何を... [続きを読む]

受信: 2005年7月26日 17:50

» 奥様は井上喜久子#4夕立そんな危険だったか? [あにたむ素兎亭・別館]
公式サイトてなわけで奥様は魔法少女第4話 『夕立は危険よ、ということ』 です。ネタバレ度高目で、ちょっとマジレビュー。お気楽に読むと訳わかんないかも。↓ [続きを読む]

受信: 2005年7月27日 05:14

» 奥さまは魔法少女 第4話 [子供の頃の夢] [キミヲカガク BLOG そこに一切科学は存在しない]
第4話<夕立は危険よ、ということ>起きがけに、朝の読書で頭を慣らす。仕事に慣れるための大事な習慣として、身につけていかなければばらない。小さいけれど出版社、なりたてだが、れっきとした担当者だ。自分が任された作家の本を繰って、巽の一日が始まった。いつものYシャツに着替えて、ベットの上で足を伸ばしている。男1人の部屋としては十分な広さを持つがソファ-や掛け椅子を置けるほどの余裕もない部屋。自然とベットの上が居場所になる。それであらぬ誤解をされる事もあるのだが、今日も例にもれず、誤解をされてしま...... [続きを読む]

受信: 2005年7月27日 16:40

« ぱにぽにだっしゅ! 第4話 | トップページ | おジャ魔女どれみ ナ・イ・シ・ョ 第3話 »