« 絶対少年 第9話 | トップページ | japanology 日本の食器 »

2005年7月16日

ぺとぺとさん 第2話

「特定種族」

ぬりちゃんはぬりかべですか、ぺと子が触っても硬いからぺとらないらしい。
重量から今日はセメントとか言われているので、時々成分が変わるらしい。

かべだから、前回プールに入っていなかったのですね?沈むから?
最初は、あの日の生徒がいるのかと思っていたのだが^_^;

「貧乏で何が悪いの」なぺと子、ぬりちゃんの紹介で、コンビニの店員のバイトをすることに。塀からぬりちゃんの顔が出てきたときはちょっとビックリしたが、額の文字の壁にも目があり耳もありますって、それもまた可愛いぞ。
とぬりちゃんに萌えそうになった瞬間、妹のこぬりちゃん登場。かわゆすぎです。
ぺと子もそう思ったらしく、うっかり頬ずりしてしまう。
当然ぺとってしまう。姉のぬりちゃんはぺとらないからやってしまったようだが、こぬりちゃんはまだ小さくて柔らかいからぺとってしまったらしい。

頬っぺたにこぬりちゃんをつけたままバイト先へ。

こぬりちゃんこみで採用されたらしい^_^;
次の日には、こぬりちゃんが取れていたので、ちゃんと眠れたらしい。
ぺと子の家に泊まったのだろうか?家に連絡はしたのかな?
ぬりちゃんの家ってどうなってるのだろう?そもそもあるのか?

バイトのときはぺとり防止のため、手袋使用。軍手みたいだったのだが、もうすこしおしゃれなほうがいいと思います。

これだけ妖怪がまわりにいる町でも、妖怪が敬遠されているらしい映像がちょくちょくでてくる、都会ではもっと大変なのだろう。ぺと子も実際苦労して来たみたいだし。

シンゴの妹智恵=斉藤千和って、働きすぎですよ。
ちょっと生意気な女の子って完全に定着してしまっている感じが、あと猫^_^;

妖怪れろれろの赤沢清美、特定種族にも認定されていないらしい。
審査基準はどうなっているんでしょう?
彼女、たこ焼きを食べた後の青海苔がついたシンゴの歯を見て理性をなくしたようです。
妖怪の血が騒いだといっていいでしょう。きれいにれろれろしたくなってしまいシンゴにディープキス。なるほどだから妖怪れろれろですか。
HPみたら、あかなめの子孫ってことですが。文字だけだと分かりづらかったが、直前にやってた萌えよ剣にちょうどあかなめが出ていたので、おおっこれかぁと納得。

ぺと子の姉さんたちは、べとべとさんで、ストーカー妖怪。
生まれても薄くてそのうち消えてしまうらしい。ぺと子はなんとか消えない身体だったみたいだ。
お母さんは、経験を積んでいるので、消えないらしい。

和賀八郎くんが一瞬だけ出た。ざしきわらしらしい。見えないが授業には出ているそうだ。
関谷くんは、サムライゾンビって。切腹が得意芸らしいが、後始末が大変そう。
守口くんは、のっぺらぼう?と思っていたらずんべらぼうらしい。どう違うかは知りません。

|

« 絶対少年 第9話 | トップページ | japanology 日本の食器 »

ぺとぺとさん」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/4996848

この記事へのトラックバック一覧です: ぺとぺとさん 第2話:

» ぺとぺとさん・第2話 [たこの感想文]
「特定種族」 最近、妙に落ちつかないぺと子。どうも、何者か、ストーカーにつけられ [続きを読む]

受信: 2005年7月17日 22:54

» ぺとぺとさん #2 [日々の記録]
前回のお話でぺと子=くっつくというイメージがすり込まれてしまったので、今回のお話 [続きを読む]

受信: 2005年7月21日 17:58

» ぺとぺとさん#2みんなえろえろやねん。あとかみちゅ!#2 [あにたむ素兎亭・別館]
公式サイト第2話「特定種族」です〜あと、かみちゅ!第2話「神様お願い」も一緒に。↓もうえっろえろ! [続きを読む]

受信: 2005年7月22日 17:33

» ぺとぺとさん 第2話 [パズライズ日記]
特定種族と人間は共存しているとはいえ、結構差別はあるみたいですね。 まぁ、普通の人間からしてみれば不気味な存在ではあるわけで、無理もないことかもしれません。 あいかわらずぺと子はかわいいですね〜。 こぬりちゃんを頬っぺたにくっつけたぺと子は、より一層可... [続きを読む]

受信: 2005年7月23日 02:25

» ぺとぺとさん 第2話 学校があんたにとって居心地のいい場所になったとき社会も変わる [いぬ日記]
● ぺとぺとさん第2話「特定種族」。かわいらしい絵柄でありながら、共存をテーマにした話なんですね。 ● 先生は全国的に有名な先生なのかな。妖怪と人間の一緒の教育の場のエキスパートなのかな。 ● 確かに、いぬなんかは、普通の学校では妖怪扱いで、4回高校たらいまわしされて、最後には北星余市。でも、あそこは、妖怪でも受け入れてくれてよかった。 ● 関連リンク 「特定種族と人間との差別意識の部分がより強く出てた」 脈絡もなくただ日々思うことを綴るblog - 2005/07/22 「『異なるものとの共存の... [続きを読む]

受信: 2005年7月23日 17:48

« 絶対少年 第9話 | トップページ | japanology 日本の食器 »