« かみちゅ! 第4話 | トップページ | プレイボール 第4話 »

2005年7月28日

タイドライン・ブルー 第3話

「ドゥーラ・ビィーラ」

グールド艦は、新国連軍に追われ、魔の海域ドゥーラ・ビィーラへ追い込まれる。

ハンマーオブエデン直後、追われるものグールドと追うもの里山は事務総長の元復興に全力をあげていた。それがなぜ立場を別にしたのか。
グールドの傷跡とともに今後明かされていくのだろう。

ドゥーラ・ビィーラとは、ハンマーオブエデンの後出現した海流で、海水の中に突然真水の流れが出現してできたものらしい。どこから始まりどこに繋がっているのかさえ謎の流れ。
そしてそこにひとたび巻き込まれれば生きて出てきたものはないという。

だが、グールドは何事もなかったようにドゥーラ・ビィーラへの突入を指示。
乗組員も怯える様子もない。
どうやら乗りきる自信があるようである。

偽装の爆発まで起こしグールド艦は逃げ切る。
ドゥーラ・ビィーラから浮上するとそこは、元はアラビア海と呼ばれていた海域だった。
だが、そこはなぜか氷に閉ざされた冷たい寒い世界だった。

キールは艦を下りようとするも、氷の世界では生きていく事も出来ず、仕方なく艦に残る事に。

イスラは、キールを赤ちゃんと自分の命の恩人と思いこみ、赤ちゃんの名前をキールと名づける。
それはいいのだが、同じ名前の人間がすぐ近くにいるのはややこしいよ。
そういうことをイスラには考えて欲しかった。
キールも本当は違うとはっきり言えばいいのに。
言ったとしてもイスラはきっと名前を変えないと思うしね。
実際グールド艦まで連れて来てくれたのはキールなわけだし。命の恩人には違いないから。

ハンマーオブエデンの後、世界の地理を把握している人間はほぼいなくなってしまったらしい。世界中の海を渡り歩いているグールドでも分からないみたいだ。
だが、宇宙から地球を見ていた、キールとティーンの2人はもしかしたらその数少ない人間の1人なのかもしれないらしい。

折角の海洋冒険ものなのに、肝心の海流ドゥーラ・ビィーラを乗りきるシーンがちょっと物足りなかった。TVアニメでは難しいのかなぁ。

|

« かみちゅ! 第4話 | トップページ | プレイボール 第4話 »

アニメ」カテゴリの記事

タイドラインブルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/5206908

この記事へのトラックバック一覧です: タイドライン・ブルー 第3話:

» タイドライン・ブルー・第3話 [たこの感想文]
「ドゥーラビィーラ」 ティーンを保護したアオイは、先の攻撃で被災した地の復旧作業 [続きを読む]

受信: 2005年7月29日 15:57

« かみちゅ! 第4話 | トップページ | プレイボール 第4話 »