« 奥さまは魔法少女 第4話 | トップページ | アイシールド21 第17話 »

2005年7月26日

おジャ魔女どれみ ナ・イ・シ・ョ 第3話

「泳いでナンボ! あいこのないしょ」

美空小では、何故か夏休み中の登校日に水泳大会があるらしい。
それも5年生だけ。
そんなことはおいといて、
あいこは、いつも1組に負けつづけているためやる気をなくしている2組のみんなに、むりやり気合を入れてやる気を出させる。
そのせいもあって言い出しっぺのあいこは、最後のリレーのアンカーにさせられてしまう。
運動神経のいいあいこだけあって、みんなの期待は絶頂に。

ところが、あいこは水泳だけは苦手だった。
みんなの期待になんとか応えようと、夏休み中ずっと市民プールで練習に励んでいたのだが、一向に泳げるようにならないでいた。

そんなところをどれみに見つかる。
正直に泳げない事をMAHO堂のみんなに打ち明けるあいこ。
とにかく練習する事に。
みんなで小さくなってビニールプールに入って特訓開始。
なんと予想外にもはづきちゃんが水泳の先生。
小さい頃にスイミングスクールに通い、物凄い上手。
普段とはまったく逆の立場になってしまいました。

特訓の甲斐もあってあいこはなんとか10m泳げるようになる。
でもアンカーは50m泳がなければいけないので、あいこは、はづきにアンカーを頼むのだった。

当日、あいこは、2組のみんなに本当の事を打ち明け、はづきにアンカーを頼む事を話す。

普段なら1組に惨敗していた2組だが、今回は最後のリレーまで同点。
これもあいこが気合を入れておいたお影か?

最後のリレーも接戦でアンカー勝負へ。
少し負けていた2組だったが、はづきの脅威の追いあげで、25m地点では逆転。
このままなら勝てる、というときにはづきは足をつってしまう。
それでもみんなのため、あいこのために泳ごうとするはづきだったが、
あいこが飛びこみはづきを止める。

はづきに練習を見てもらっていたときに、足がつったときは無理してはいけないとあいこは教わっていた。無理をすると大事故になるかもしれないからだ。
それを思い出してあいこは2組の勝利よりもはづきを取ったのである。

結局負けてしまった2組は、あいこに戦犯を押し付けようとする。
だが、誤解からとはいえあいこはこの夏休み中ずっと頑張っていたのである。
それを関先生が指摘して、みんな責めるだけで自分では対して頑張ってこなかったことを反省し、仲直りするのだった。
最後はみんなで楽しくプール。

あいこが泳げないようになった原因は、お父さんとお風呂で息止め合戦をしたときに溺れそうになったことがトラウマになっているみたい。お父さんに頭を抑えられて顔を挙げられなかったみたいだ。

美空小のスク水が微妙な色だよね。えんじ色って。普通紺でしょう。
はづきちゃんのめがねを外した顔がいっぱい出て来たのも珍しい。

ただ、関東は台風接近のため画面に常に台風情報が出っぱなしだったのがいただけない。まぁ放送してくれただけよしとするべきなんでしょうか。

おジャ魔女どれみ ナ・イ・ショ VOL.1 icon

MAHO堂/「おジャ魔女どれみナ・イ・ショ」ナ・イ・ショ・YO!おジャ魔女/ステキ∞ icon

おジャ魔女どれみナ・イ・ショないしょのナイショ

「おジャ魔女どれみ」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« 奥さまは魔法少女 第4話 | トップページ | アイシールド21 第17話 »

おジャ魔女どれみ」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/5165872

この記事へのトラックバック一覧です: おジャ魔女どれみ ナ・イ・シ・ョ 第3話:

« 奥さまは魔法少女 第4話 | トップページ | アイシールド21 第17話 »