« アイシールド21 第26話 | トップページ | プレイボール 第13話(最終回) »

2005年9月29日

タイドライン・ブルー 第11話、第12話(最終回)

最後は一挙に2話放送で最終回だそうです。
直前で気づいて良かった。気づかなければアストロ球団が録画できなかったよ^_^;

とはいっても、実は第13話が存在しているそうで、DVDのみでの発売になるそうです。
かみちゅ!もそうだしタイドラインもそうなるのか。
これからはこの方式が増えるのかなぁ。とはいえどうせDVDでのオリジナル最終話を見ないんで、私にとってはこれが最終回なわけです。

第11話
「メタセコイア海戦」

漁夫の利を得ようとユリシーズに攻撃を仕掛けたギの国(魏国って字だったのね)の潜水艦だったが、十分警戒していたユリシーズの前にあっけなく沈むことに。

そして、ユリシーズと新国連軍との最後の決戦が始まる。

そんな中で、この戦い、いや世界中から戦争をなくそうとキール、ティーンは頭を悩ます。
そして出た結論は、アオイが隠している、2人の父が作った新しい世界地図を公表しようということだった。

そのために艦を離れる決心をするティーン。
グールドに休暇を申し入れる。ティーンの心を理解したグールドは休暇ではなく、副官の任を解きティーンに自由を与えることに。

そしてキール、ティーン、イスラが、ジョゼを伴い小型潜航艇でアオイの元へ。
そして3人いや4人を送り届けたジョゼは、一人ユリシーズへ戻っていくのだった。

ジョゼは副長としてというより、グールドを愛している一人の女として戻った感じだね。

第12話
「ブルー」

決戦が続く中、キールとティーンはアオイに地図を世界に公表して欲しいと訴える。
地図が公表されればまた利権を求めた争いが起きると思っているアオイは悩む。
だが、地図はなくてもすでに争いは起こっている。
それに地図を公表することで、眠っている資源を掘り起こす事も出来る。
全世界の人達が同じスタートラインに立てる。と2人は訴えるのだが、

そんなとき、遂にユリシーズから核弾頭を乗せたSLBMが発射されてしまう。
なんとか迎撃するも、2基がギの国とアメリカに向かって飛んでいく。

そして着弾。

偶然にも、2国へ着弾した核は不発に終わった。
整備不良だったのか不明だが、グールドが自分達の国だけのことしか考えない2国への警告として不発弾を撃ったのだと思う。

そしてユリシーズは新国連軍の前からロストする。
逃げたのか隠れたのか、それとも沈んだのか。
沈んだということはないと思うので、隠れたのだろうな。
ここでユリシーズが沈まず、姿を隠すことにより、ギの国、アメリカの2国は脅えて新国連軍に協力する可能性が高い。そして他の国もそれに倣う可能性がある。
そこまで計算して不発弾を撃ったのだと思う。
これがグールドが考える平和にする方法だったのだろうか。

そして、アオイはキール、ティーンの2人に新しい世界地図を託すことに決める。
グールドともアオイとも違う方法で平和を目指す2人。

未来を信じ、そして人を信じる若者たちの時代の幕開けでもあった。

(完)

これはこれで最終回っぽくなっているのでいいと思います。
まぁ何にも決着がついていないって言えば言えるんだが、まぁそのための13話が存在するんでしょうけど。

関連の本を探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

|

« アイシールド21 第26話 | トップページ | プレイボール 第13話(最終回) »

アニメ」カテゴリの記事

タイドラインブルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/6177612

この記事へのトラックバック一覧です: タイドライン・ブルー 第11話、第12話(最終回):

» タイドライン・ブルー・第12話 [たこの感想文]
「ブルー」 アオイの元へとキールらを送り届けたジョゼは、攻撃の中、ユリシーズへと [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 07:14

» メタセコイア海戦 [tune the rainbow]
そして世界は戦争へ向かう訳で。 [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 14:02

» ブルー [tune the rainbow]
「この物語は、少年キールと双子の兄・ティーンを中心に、 少女イスラやユリシーズ副長のジョゼら若い世代と、 過去の呪縛から逃れられないアオイやグールドといった大人たちとの和解の物語である。」 ま、そんな匂いがしてたね。... [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 14:02

» ブルー [tune the rainbow]
「この物語は、少年キールと双子の兄・ティーンを中心に、 少女イスラやユリシーズ副長のジョゼら若い世代と、 過去の呪縛から逃れられないアオイやグールドといった大人たちとの和解の物語である。」 ま、そんな匂いがしてたね。... [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 14:03

» タイドライン・ブルー #11「メタセコイア海戦」 #12「ブルー」 [CODY スピリッツ!]
最近、赤ん坊を取り上げたのはティーンと教えた全国のタイドラインブルーファンの皆様ティーンはとても不器用な人、ティーンともっと話してみれば感想なんだし! [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 20:14

« アイシールド21 第26話 | トップページ | プレイボール 第13話(最終回) »