« プレイボール 第11話 | トップページ | アストロ球団 第三球 後編 »

2005年9月15日

タイドライン・ブルー 第9話

「新しい地図」

キールは、もう一度賭けで勝負を願い出る。
そんなところにジョゼが姿を見せ、副長権限でユリシーズのSLBMを賭けの対象に。

イカサマなしの真剣勝負、イスラを思うキールの心が通じたのか、なんとかキールの勝ち。

そこにティーンが乱入するなどひと悶着あったものの、浮きドックはフランスのユリシーズの元に行ってくれる事に。

ユリシーズは修復も出来ず、浮上も出来ず満身創痍で乗組員の士気も落ちこみ始めていたが、イスラだけは元気一杯。やっぱり母は強しですなぁ。

アオイは里山の元へ、ユリシーズの居場所を知っていたアオイに不信感を抱いていた里山に、新しい地図のことを話す。
新たな紛争の鍵になりうる地図の存在を公表しないアオイだが、それを味方(新国連軍)にも隠し続けるアオイに里山の不信感は消えはしなかった。

ティーンから地図の存在を聞かされたキール。それ自体には関心が無かったが、その地図を作っているのが父だと知り心が揺れる。

別れる前の父の言葉が2人の心に響く。
「暴力では何も解決しない」
「約束したなら守らなければいけない」

浮きドックもなんとかフランスに到着したが、新国連軍もユリシーズを完全に包囲していた。

|

« プレイボール 第11話 | トップページ | アストロ球団 第三球 後編 »

アニメ」カテゴリの記事

タイドラインブルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/5961792

この記事へのトラックバック一覧です: タイドライン・ブルー 第9話:

» タイドライン・ブルー #9「新しい地図」 [CODY スピリッツ!]
最近、泳げずキールに助けてもらった全国のタイドラインブルーファンの皆様さっそく日干しか感想に放り込むどっちがいい?実は、タイドラインブルーよりアストロ球団が面白い場合はこちら→アストロ球団 第三球(後編) 「ロッテオリオンズがこんなに最悪なチームとは思い....... [続きを読む]

受信: 2005年9月16日 01:20

» タイドライン・ブルー・第9話 [たこの感想文]
「新しい地図」 潜入した船でアッサリと捕まってしまったキール。危機一髪の所であっ [続きを読む]

受信: 2005年9月16日 04:06

» タイドライン・ブルー TIDE LINE-BLUE@第09話、新しい地図 The Globe [Phantom Moon]
タイドライン・ブルー: 茶碗硬ってぇえええええええ(;゚∀゚) 銃弾をはじいてしまうそのありえないクオリティ。 茶碗テラカタスwww せめて銃弾を逸らすくらいにしといて、 [続きを読む]

受信: 2005年9月16日 22:46

« プレイボール 第11話 | トップページ | アストロ球団 第三球 後編 »