« ぱにぽにだっしゅ! 第10話 | トップページ | かみちゅ! 第9話 »

2005年9月 6日

おジャ魔女どれみ ナ・イ・シ・ョ 第7話

「タイヤキダイスキ! 親子のないしょ」

元祖吉田屋として行列も出来るほど有名なタイヤキ屋さんの息子吉田くんが、MAHO堂へ。
親父さんが彼のアイデアを一笑に伏したのが頭に来て、自分のアイデアで本家吉田屋としてタイヤキを売って見たいとやって来る。

吉田くんの腕はそこそこ上手だが、さすがに親父さんには敵わない。
そこでアイデアで勝負。

吉田くんのアイデアは、アンコだけでなく、イチゴや栗、クリーム、白玉などの具を入れた変わりタイヤキ。いろんな味を楽しんで欲しいというもの。
だが、普通の人ではそんなにたくさんタイヤキを食べられない。
そこで、どれみたちの提案で、ミニサイズのタイヤキを5個セットで作って売る事に。

MAHO堂でこのミニタイヤキを売り出すと大盛況。日に日にお客さんが増えてくる。
しかし、吉田くんの親父さんは自信満々。
「お前のタイヤキには心がない」

その言葉に悩む吉田くん。
たしかにお客は増えていたのだが、実は2度買いに来てくれたお客さんはほとんどいなかった。
そのうちお客は頭打ちになりだんだんこなくなってしまった。

親父さん曰く、
「お前はお客さんのために焼いてない。自分が認められたかっただけだ」
「俺は30年毎日自分の焼いたタイヤキを食べている。飽きたときは辞めるとき」

それで、二人は喧嘩しながらも仲直り。
まだまだ元祖吉田屋は繁盛しそうだ。

マジョリカはタイヤキの成功に味をしめ小豆を大量に発注してしまっていた。
届いたときにはタイヤキ販売中止したあとだったりして^_^;

今回の見所は、なんといってもタイヤキがバカ売れしたときに、レジのはづきちゃんがあまりに忙しくてテンパってしまっていたシーンだろう。
あぁいうシーンは本当にはづきちゃんが担当なんだよね。
そこがかわいいのだが^_^;

そういえばまたtvkは来週お休み。
これで群馬テレビに追い付かれた。そのうち抜かれるな。

おジャ魔女どれみ ナ・イ・ショ VOL.1 icon

MAHO堂/「おジャ魔女どれみナ・イ・ショ」ナ・イ・ショ・YO!おジャ魔女/ステキ∞ icon

おジャ魔女どれみナ・イ・ショないしょのナイショ

「おジャ魔女どれみ」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« ぱにぽにだっしゅ! 第10話 | トップページ | かみちゅ! 第9話 »

おジャ魔女どれみ」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/5821527

この記事へのトラックバック一覧です: おジャ魔女どれみ ナ・イ・シ・ョ 第7話:

« ぱにぽにだっしゅ! 第10話 | トップページ | かみちゅ! 第9話 »