« BSアニメ夜話第5弾放送決定 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第12話 »

2005年9月19日

奥さまは魔法少女 第12話

「心に生きている、ということ」

先週の予告では心は生きていると読んだ井上さんだったが、結局心に生きているに落ちついたようだ。とはいっても文字しか出ないわけでどっちが正しかったのかは謎だけど。

リリムに乗りこんだ嬉子。
指輪を預かったクルージェ。
そんなクルージェの前にブルガ、シャネ、エルメがやって来る。

3人に半分唆されて指輪を填めてみるクルージェ。
すると体がソファごと持ちあがってしまうくらい魔法力が漲る。

嬉子は評議会に訴えるが、逆にクルージェを信用せず、導かず否定するだけだった行動を諭されてしまう。
そして未遂とはいえ、巽を逃がそうとした罪で牢獄へ落とされてしまう。

そのころクルージェは心の隙をつかれ、ブルガたちに操られてしまう。
ブルガたちはクルージェの力を使って自分達の世界を作ろうとしていたのだ。

そんなクルージェにユウキが告白をする。
その告白のお影で一旦はブルガ達の呪縛を逃れたクルージェ。
告白してくれたユウキの言葉で、この世界をどうするかクルージェの中で決心がついたようだ。

そのころ牢獄の中の嬉子は、母のアフロディーテと心の会話をしていた。
「人々が寄り添って助け合って時にはお節介を焼いたりして生きていくところを見てみたかった」からこの世界を作ったのだそうだ。
そして「心はどこへでも飛んで行ける、大切な人を強く思いなさい、そうすればあなたは自由」

巽の嬉子を思う気持ちにより嬉子はこの世界へ戻ってくる。

クルージェは再びブルガ達に操られてしまっていた。

はたしてこの世界はどうなってしまうのか、次回最終回。

というより果たして嬉子と巽はキスをするのかがまさに最終回の見所でしょう。

|

« BSアニメ夜話第5弾放送決定 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第12話 »

アニメ」カテゴリの記事

奥さまは魔法少女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/6023264

この記事へのトラックバック一覧です: 奥さまは魔法少女 第12話:

» 奥さまは魔法少女・第12話 [たこの感想文]
「心に生きている、ということ」 評議会へとやってきた嬉子。そこで嬉子は評議会の面 [続きを読む]

受信: 2005年9月20日 03:00

« BSアニメ夜話第5弾放送決定 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第12話 »