« 雪の女王 第20話 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第15話 »

2005年10月 9日

銀盤カレイドスコープ 第1話

第一話見ました。

ちなみに以前放送されていた「カレイドスコープ」とはまったく関係ありません。

フィギュアスケートの話。
それもトリノオリンピックを目指しているそうなので、来年のオリンピックまでの限定アニメなのは決定的です。(一応原作は小説ですが)

主役は、桜野タヅサ、一応日本を代表するフィギュアスケーターだが、演技中に笑えない欠点を持つ。
もう一人の主人公は、ピート・パンプス、死んだばかりの幽霊。なぜかタヅサに憑依してしまった。

どうやら、フィギュアスケート版のヒカルの碁って感じと見ていいのじゃないかと。

タヅサから離れて成仏(キリスト教だとなんて言うのか知らないが)するには最低100日かかるそうだ。
この設定からも現実のトリノオリンピックまでというのが分かる。

ピートの絵に天使の輪をつけてしまうあたりがベタで好感が持てる^_^;

ピートがタヅサに憑依してからタヅサの頭に直接語りかけているのに、タヅサはなぜかその返事をするのにいちいち大声を出している。それじゃ頭がおかしくなったと思われても仕方がないぞ、声に出さなくても通じるんじゃないか普通。

ドミニク・ミラーというアメリカの選手に嫌味を言われたタヅサ。
英語が分からないタヅサにピートが頭の中で
Kiss my ass」(意訳すると 「ばかじゃねーの」「ふざけるな」って感じ直訳だと「俺のケツにキスしな」)
って、そしてタヅサも声に出して言っちゃうし。
いくら深夜だからってこんな言葉使って放送上大丈夫なのか?
それよりこんなセリフ川澄さんに言わせていいのか?
変に興奮した人が沢山いたのではと勘ぐってしまいます(°°;)\(- -;)

そして驚くのは、この英語のセリフの監修がドミニク役でもある、岡本麻弥さんってこと。
ということは上記の言葉も彼女が監修したのネ^_^;

それにフィギュアということでステージ衣装も注目なんですが、フィギュアっぽくなくてヒラヒラ、フワフワした衣装が多いんですよね。
あれじゃスピンとかジャンプとか空気抵抗がありすぎて回りにくいと思うんですけど^_^;

ということで、このアニメは今後も見る事に決定です。
なにがということなのかというと、個人的に監督のタカマツシンジ(高松信司)さんが好きだからです。
勇者シリーズを育て、ガンダムXは打ち切られ、こち亀でコツコツやってきたあの高松さんです。
嫌いな人も多いんだろうけど、個人的に好きなんですスミマセン。
私の地元では、伝説の人になりつつある、妻方仁さんですしね。

そういえば、これにも能登さん出てます。それに斉藤千和さんも。
ここ1年2人頑張り過ぎですよ。ホント。


銀盤カレイドスコ-プ

「銀盤カレイドスコープ」をセブンアンドワイで検索する

|

« 雪の女王 第20話 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第15話 »

アニメ」カテゴリの記事

銀盤カレイドスコープ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/6325841

この記事へのトラックバック一覧です: 銀盤カレイドスコープ 第1話:

» 銀盤カレイドスコープ・第1話 [たこの感想文]
「100億ドルの女」 これも、ラノベのアニメ化だっけ? 例に漏れず、原作未読だけ [続きを読む]

受信: 2005年10月10日 03:32

« 雪の女王 第20話 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第15話 »