« 絶対少年 第19話 | トップページ | 雪の女王 第19話 »

2005年10月 1日

韋駄天翔 第1話感想

韋駄天翔の第1話の感想です。

といっても次からは書かないと思うけど^_^;

タイトルだけではなんのアニメかわかり難いですが、MTBのアニメです。
つまりマウンテンバイクのアニメ。

それも普通にレースする訳ではなく、なぜか異世界のXゾーンというところに主人公たちが飛ばされてそこでレースをしていくことになります。
もとの世界に戻るためにはそこでレースに勝って、黄金のエンブレムを10個集めなければならないらしい。

いいんだけどすごく唐突な出だしでした。

それよりも凄いのが、最初の敵は、ガタイのデカイおやじ。はっきりいってデブ。
だがそいつがヘルメットをかぶり、MTBを跨ぐとあら不思議、すごく小さいスマートな人間になってるし。
魔法じゃないよ。単なる作画の問題。
主役は小学生くらいの設定なのに、その子どもと同じくらいの大きさになっちゃうんだもん酷いよ。

それに主人公の翔くんは、相当なスピードを出している下り坂でジャックナイフターン決めちゃうし、前輪のウイリーみたいなものだが、自転車で下り坂でジャックナイフなんて危ないぞ、子どもが真似したらどうするんだ^_^;
というよりプロでも出来ないんじゃないか?あんなこと。

ということで相当むちゃくちゃな番組です。
興味がある人は見てみるといいですよ。
ただし萌え要素は皆無といっていいですけど(一応「まこと」という女の子キャラもいますが)

|

« 絶対少年 第19話 | トップページ | 雪の女王 第19話 »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/6207693

この記事へのトラックバック一覧です: 韋駄天翔 第1話感想:

« 絶対少年 第19話 | トップページ | 雪の女王 第19話 »