« マイルチャンピオンS 予想 | トップページ | 雪の女王 第26話 »

2005年11月20日

銀盤カレイドスコープ 第7話

「氷上のウエイトレス」

全日本選手権にタズサは、ウエイトレス風衣装で演技もそれを意識した新プログラムで挑む。

ピートのお陰か開き直った成果か、ショートプログラムは大成功。

翌日のフリープログラムはジャンプを1回失敗したものの、気持ちを切らずに最後まで演技を続ける事が出来た。
全てを出し切ったタズサは晴れやかな気分であった。
その演技を見た至藤は最後の最後でプレッシャーに負け失敗演技をしてしまう。

運命のオリンピック代表は、タズサに決まった。

今までジャンプシーンとかはきちんと描いていたので、今回もきっちりと見せてくれるのかと思ったら、ジャンプシーン以外はイメージ映像を使ってくるとは、面白かったけどちょっと残念。アニメでフィギュアの演技をきっちり見せてもあんまり意味はないとは思うけど。
これからはイメージ映像とかリアクション系の映像とかで行くんだろうな。

番組の最後に
「リアとタズサのフィギュア教室」
が始まったのだが、どんどん朝か夕方にやる番組っぽくなっていくのが、なんだかなぁ、です。本当にこのアニメは深夜にやっている意味を感じないね。
どうせならリア役の能登さんには、この部分でもロシア語で話して欲しかった。

それにしても、カレイドスコープ(フィギュアスケート)、カペタ(カート)、韋駄天翔(マウンテンバイク)と今秋のテレビ東京系の新番組アニメは、金の掛かるスポーツものが多いですね。
景気が回復して来た証しなのでしょうか?

「銀盤カレイドスコープ」をセブンアンドワイで検索する

|

« マイルチャンピオンS 予想 | トップページ | 雪の女王 第26話 »

アニメ」カテゴリの記事

銀盤カレイドスコープ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/7235971

この記事へのトラックバック一覧です: 銀盤カレイドスコープ 第7話:

» 銀盤カレイドスコープ・第7話 [たこの感想文]
「氷上のウェイトレス」 ピートに乗せられた格好で、新プログラムに変更したタズサ。 [続きを読む]

受信: 2005年11月21日 07:46

« マイルチャンピオンS 予想 | トップページ | 雪の女王 第26話 »