« 雪の女王 第30話 | トップページ | 蟲師 第9話 »

2005年12月18日

銀盤カレイドスコープ 第11話

「キス・アンド・クライ」

キスは冗談。
だが、条件は
「生きているのよ私と、私と行けるところまで行くのよ

だそうだ。

トリノではフリープログラムを新プログラムに。
それはピートをイメージして大空を駆け巡るような構成。

そしてトリノオリンピックがやってきた。

ショートプログラムの演技順は、運悪く1番。
採点競技では、1番の演技者の得点はその後の選手の基準点になるためどうしても伸びないのが通例。それでもやるしかない。

全日本選手権で披露した、ウエイトレス風の演技を完璧にこなしたタズサ。

”キス・アンド・クライ”で結果を待つ。
演技を終えて採点結果を待つ場所、そこが”キス・アンド・クライ”
語源は、祝福のキスか、涙を飲むかということらしい。

演技前に約束をした、祝福のキスをピートに迫るタズサ。
ピートにキスして欲しいというのはやっぱり冗談じゃなかったのね。
感触は無いんだろうけどそれでも目を閉じ静かにキスを待つ。
それに応えるピート。

ショートプログラム結果は2位で通過をした。

次回最終回。
結末はどうなるんでしょうね。
ピートが消えて終わるのか、消えないのか、はたまた生き返るのか。
こういうときに限って見逃すときが多い私、とくに放送時間が微妙なので見逃さないように気をつけます。

iconicon
Dual icon


銀盤カレイドスコープ 1~6

「銀盤カレイドスコープ」をセブンアンドワイで検索する

|

« 雪の女王 第30話 | トップページ | 蟲師 第9話 »

アニメ」カテゴリの記事

銀盤カレイドスコープ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/7686828

この記事へのトラックバック一覧です: 銀盤カレイドスコープ 第11話:

» 銀盤カレイドスコープ・第11話 [たこの感想文]
「キス・アンド・クライ」 タズサが五輪に出場するための条件としてピートに出したも [続きを読む]

受信: 2005年12月19日 09:07

» (アニメ感想) 銀盤カレイドスコープ 第11話 「キス・アンド・クライ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
いやあ、しかしリアルのフィギュアスケート界も盛り上がってますね〜。なんか、タイムリー過ぎてスタッフの狙い通りって感じですよね。ただ、一つの作品としてもなかなか面白いアニメだと思います。さて、果たして今回タズサはピートとキスするのでしょうかね? ... [続きを読む]

受信: 2005年12月23日 06:19

« 雪の女王 第30話 | トップページ | 蟲師 第9話 »