« ガンパレード・オーケストラ 第12話 | トップページ | 灼眼のシャナ 第12話 »

2005年12月22日

ラムネ 第11話

「台風の夜と夏の終わり」

小さい頃は台風も停電もイベントの一つ。楽しい思い出。
健次だけに教えてくれた、七海の秘密は、暗闇で光る魚のヘアピンだった。

結局台風が来る前に、家に戻ってこられた健次と七海。
そしてこの夏本格的な台風がやってきた。

今回は小さい頃とは逆に、七海が健次の部屋にやってきた。
そして台風の日はお泊り可という新しいルールを作る2人。
今回もお約束通り停電になる。
それにしても台風というより物凄い雷雨なんですけど普通台風と雷って同時には来ないと思うんですけど。

その時、七海がお腹を押さえてうずくまってしまう。
急病だと悟り、救急車を呼ぼうとしたのだが、電話も通じなくなっていた。

そこでリヤカーに七海を乗せて病院まで運ぶ健次。
折角前回バイクでリヤカーを引いていたのだから今回もバイクで引いていけば、とも思ったのだがバイクだと逆に速過ぎて七海を落としてしまう危険があると判断したんだろうか、健次は歩きでリヤカーを引いてつれて行く。

結局七海は急性虫垂炎、いわゆる盲腸だった。
さすが田舎のとはいえ病院で、停電の中でも電気がついていた。自家発電が作動していたんだろうね。

七海が入院している間、健次が畑の面倒を見る事に。
そして七海退院の日、畑から帰ろうとした健次だったのだが、途中の道が台風の影響で地盤が緩んでいたようで、道路が崩れバイクごと投げ出されてしまう。

折角、自分達の気持ちに素直になった二人に最大の試練が待ち構える事になる。

iconicon
ラムネ DVD Vol.1 icon 2006/1/27発売

iconicon
ラムネ色のメロディ icon

「ラムネ」をセブンアンドワイで検索

|

« ガンパレード・オーケストラ 第12話 | トップページ | 灼眼のシャナ 第12話 »

アニメ」カテゴリの記事

ラムネ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/7771891

この記事へのトラックバック一覧です: ラムネ 第11話:

« ガンパレード・オーケストラ 第12話 | トップページ | 灼眼のシャナ 第12話 »