« ガンパレード・オーケストラ 第23話 | トップページ | マジカノ 第12話 »

2006年3月23日

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第12話

「The Evidence」

役目の終わった登場人物はもう必要ないと、タキオンの命を奪うリデル。

タキオンが2冊のアリスの物語を完成させてから、リデルに新しいお話を聞かせてくれなくなったことに、自分への興味がなくなったからかと考え、タキオンの気持ちを繋ぎとめるため「終わらないアリス」というウソを吐いた。
その話を信じたタキオンは、想像力を膨らませ現在のアリス能力者のルールを作り上げる。それは架空の物語と現実の区別すらつかなくさせただけだった。
それで、リデルはタキオンが自分に興味をなくして話をしてくれなかったのではなく、単に物語を作る才能があの2冊で枯渇しただけだと悟った。

だから、タキオンの代わりにリデルに物語を語ってくれる人物が現れるのを、この時の狭間でまち続けたのだ。そしてついにその人物を見つけた。

それは有人。有人とこの世界で暮らしていくのだと。
最後の邪魔者きらはに襲いかかるリデル。

きらはの必死の思いが有人に通じた。
きらはの代わりじゃないありすという女の子がたしかに存在していたんだ。
「誰のためでもない、ボクが書きたいと願う本当のアリスの物語」をその場で書き始める有人。

リデルについにきらはの心の物語が奪われそうになるが、それを奪い返してくれたのは、ありすだった。
その場で書き始めた有人の物語により、ありすが復活したのだ。

リデルに逆襲するきらはとありす。
しかし、リデルの心の物語を奪おうとするきらはを止めたのもありすだった。
「私がこの世界に残る」だからリデルの物語を奪う必要はないと。

「私はここにいるから、逢いたい時はいつでも逢えるから」とリデルと双子のアリスと共にメルヴェイユスペースという名の物語の中に残ったありすだった。

このセリフ、ララァですか?ありすはララァだったんですか?ニュータイプだったんですね。

そして何事もなかったかのような日常が有人やきらはたちに戻るのだった。
それでもありすに逢いたくなれば、有人は自分の想像力を働かせて物語を紡げばいいのだ。ただそれだけのこと。

登場人物が勝手に動き回る話ってことで、
井上ひさし作「ブンとフン」っていう小説を思い出してしまいした。
誰か分かってくれるとうれしいです^_^;

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 DVD Vol.1 icon 2006/4/28発売

Little Primrose icon OPテーマ

記憶薔薇園 icon ENDテーマ 発売中

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」オリジナルサウンドトラック icon 2006/3/23発売

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」関連商品をセブンアンドワイで探す

「介錯」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« ガンパレード・オーケストラ 第23話 | トップページ | マジカノ 第12話 »

アニメ」カテゴリの記事

鍵姫物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/9215960

この記事へのトラックバック一覧です: 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第12話:

» (アニメ感想) 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第12話 「The Evidence」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
鍵姫物語 永久アリス輪舞曲Vol.1 あれだけ冷静だったタキオンが取り乱す事態となりましたが、冷酷な一面を見せたリデルがステキです。ありがちな展開だなあと思っていたところに急展開を見せたストーリーいよいよ意外な真実が明かされようとしています。最終回間近で大....... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 02:53

» (アニメ感想) 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第12話 「The Evidence」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
鍵姫物語 永久アリス輪舞曲Vol.1 あれだけ冷静だったタキオンが取り乱す事態となりましたが、冷酷な一面を見せたリデルがステキです。ありがちな展開だなあと思っていたところに急展開を見せたストーリーいよいよ意外な真実が明かされようとしています。最終回間近で大....... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 02:54

» 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲【第12話】「The Evidence」 [フカヒレ家]
タキオンに鍵を向けるリデル、なぜ裏切ったのか語り始める 心に秘めた物語を奪う戦い、それはリデルがついた嘘だった 物語の書く才能がなくなったタキオンを見限ったリデル 新しい物語を書ける人物を何年も探していた リデルが探していた人こそ有人だった きらはが消えれば物..... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 03:28

« ガンパレード・オーケストラ 第23話 | トップページ | マジカノ 第12話 »