« Fate/stay night 第12話 | トップページ | 平成18年大相撲三月場所千秋楽 »

2006年3月26日

陰からマモル! 第11話、第12話(最終回)

11話「ばいばい、ゆうな」

サブタイトルコールは、マモルの声でマジモード。

般若面の一党が陰守家一子相伝の究極忍法が書かれた秘伝書を狙っていた。
”いつまでも続くと思うな四百年字あまり

小鐘井デパート主催のスィートラブレター大賞が、大賞はベルギー産最高級チョコ一年分。
女性陣はみんながみんなラブレターを書くのに必死になる。

ゆうなまで”必殺”のハチマキまいて頑張りました。
変しいあなたへって書いてあったけど^_^;

そのゆうなのラブレターが大賞を受賞してしまう。
山芽とホタルはそれぞれ忍びヤギのメリーさんを使って他人のラブレターを食べさせようと企んでいたけどマモルが阻止。
しかし山芽はともかく、ホタルはこのまえ忍びの動物は飼っていなかったはず(というか帰る家計じゃなかったはず)なのに、里から連れて来たんだろうか?
ちなみにマモルは二人の不正を阻止しただけでゆうなのラブレターをどうこうしたわけではない。実力?でゆうなのラブレターが選ばれてしまったのだ。

授賞式の帰り道、ゆうなは思い切ってマモルにそのラブレターを渡そうとする。
マモルが好きだと。
しかしその言葉に戸惑ってしまったマモルは受け取りを躊躇してしまう。
それにショックを受けてゆうなは泣きながら走り出していってしまった。

呆然と立ち尽くすマモルの耳に車の急ブレーキの音が。
ゆうなが事故に遭ってしまったのだ。
幸い突き指だけで済んだが、ゆうなに傷を負わせてしまったことと、ゆうなに対する自分の気持ちがわからず悩むマモル。

一方、父堅護は一族会議に召集され、ゆうなを守れなかったことで責めを受ける。

そして出た結論は、マモルをゆうなの護衛から外すということだった。

替わりに一族の陽守タスケがマモルに変装してゆうなを守ることに。
マモルはタスケの実力を知るために勝負を挑むも、木霊の術で技を返されてしまい敗れ去る。

しかたなくマモルはゆうなにそっと別れを告げて、里に旅だった。

ということで続く!

12話「陰からマモル!」

あれから一週間、堅護と桜子はゆうなパパ、ママと一緒に温泉旅行へ。
タスケとゆうなだけが家に残ることに。
ゆうなは、タスケをマモルと思って過ごして来た。いまではラブラブ状態に。

遊園地とかでデートもしていたみたいで写真が一杯貼ってあった。
全部タスケとの写真だけど(一応メガネのぐるぐる渦巻きが逆)

そんなとき、陰守の里では、ゆうなと事故を起こした犯人が忍者だったことが判明。
なんとタスケの父陽守防人の手のものだった。
防人は、タスケに連絡を取り、ゆうなを人質にして、影守の秘伝書を奪おうとする。

長老からマモルが指名され、秘伝書を託され、ゆうなを助けに一人抜け出す。
「お隣を本当に守りたいと思った時に影守の一族に力を与える」と言われる秘伝書。
「お前なら使いこなせるだろう」と。

タスケはゆうなにばれないように、ゆうなをなんとか部屋に留まらせようとするのだが、ゆうなはほんのちょっとの違いから、タスケがマモルではないことに気づいてしまう。
「近くにいるのにマモちゃんを感じない、ずっと遠くにいる感じ」と。

そしてそこにマモル登場。
ゆうなを一緒に来てくれた、山芽、椿、ホタルに託してタスケを追うマモルだったが、タスケのほうが一枚上手で裏をかかれてしまい、ゆうなを奪還されてしまう。

ゆうなを人質にマモルに秘伝書を渡せと迫るタスケ。
素直に渡すマモルだったが、書かれていたものは
「心」
の一文字。

マモルがタスケに技を仕掛けるも、またも木霊の術で返り討ちに。

傷付くマモルを見てゆうなが、マモルがずっと陰ながらゆうなを守ってきてくれていたことに気付く。マモルが好きなゆうなの心が通じたのか、マモルもゆうなへの本当の想いに気付く。そのとき奇跡が起きた。

復活したマモルが再度後ろから岩石落としを仕掛ける、これも木霊の術で返そうとしたタスケだったが、マモルは究極奥義「心」から岩石落としを。

何もかもを知ったゆうなは、今度は私が守ってあげると、だから一緒にいようと再びマモルに告白するのだった。
それを受け容れようとした思った時、ゆうなはバナナの皮で足を滑らせ転倒。
なんと事件の記憶だけをすっぽりと無くしてしまったのだった。

オチはバナナですか、最初から最後までバナナネタで押し通すんですね。

とりあえず、ゆうなの記憶がなくなったことで、守っていたことがばれたこともお咎めナシ。
人質のゆうなを失った防人率いる般若面の一党は、長老に呆気なく倒され、きつーい罰を受けたそうだ。
(モヒカンにされて、正座365日だそうだけど^_^;

それで今までと何も変わらない日常が戻ってきたのでした。
ちなみに何も変わらないのは、ゆうなと愛里だけだけどね^_^;

椿、山芽、ホタルは、ゆうながマモルに告白したのを知ってしまったわけだし、マモルがゆうなを好きになっている事も知っている訳で。当然マモルの心も少し変化しています。

最後の最後のオチは、ゆうなのバナナの新しい食べ方?
「コーヒーに焼肉のたれを入れてそこにバナナを千切っていれる」のだそうだが、美味いのか?試してみる勇気はありません、だれか試してレポートしてくれないかな^_^;

考えてみると、ゆうなにマモルが守っていることがバレるのはまずいというのは分かるのだが、部外者の椿とか、それこそ敵方のホタルとかにまでバレているのはいいのだろうか?

最後の2話はかなりのシリアスモードでした。
とはいえオチはいかにも陰からマモル!って感じでしたけど。
全体を通しても、そこそこ楽しめた作品だったと思います。
パート2があったとしてもきっと見ると思いますが、あるんでしょうかね?
期待せずに待ちたいと思います^_^;

iconicon
DVD 陰からマモル! 其ノ壱 icon 2006/4/26発売

iconicon
ミリオン・ラブ icon OPテーマ byゆうな(中原麻衣) 発売中

陰からマモル!オリジナル・サウンドトラック 発売中

「陰からマモル!」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
これから発売されるアニメCD【セブンドリーム・ドットコム】
これから発売されるアニメDVD【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

|

« Fate/stay night 第12話 | トップページ | 平成18年大相撲三月場所千秋楽 »

アニメ」カテゴリの記事

陰からマモル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/9274117

この記事へのトラックバック一覧です: 陰からマモル! 第11話、第12話(最終回):

» 陰からマモル・第12話 [たこの感想文]
「陰からマモル!」 マモルとタスケが入れ替わってはや数日。ゆうなとマモルはすっか [続きを読む]

受信: 2006年3月27日 08:20

« Fate/stay night 第12話 | トップページ | 平成18年大相撲三月場所千秋楽 »