« タクティカルロア 第11話 | トップページ | カエラ、sakusaku卒業 »

2006年3月20日

よみがえる空-RESCUE WINGS- 第11話

「ビバーク」

リーダー恒松は、滑落し骨折した武田に付き添い現場に残り、工藤と望月には救助の要請を頼む。そして天候が悪化するようなら山小屋まで戻れと。

工藤と望月はなんとか救助を要請するも予想以上に天候が悪化。
二人は恒松の言通り、山小屋を目指す。

恒松は武田に応急処置を施し、その場にテントを張り救助を待つ。
だが、救助が来ない中、武田の意識はどんどん混濁していく。

救助要請を受けた長野県警はさっそくヘリを出し捜索を開始するも、接近しつつある二つ玉低気圧により天候は最悪の状態に。

事故現場を発見出来ず、仕方なくまずは山小屋に避難しているはずの工藤と望月を先に救助することにしたのだが、工藤と望月はなんと道に迷い山小屋に到達出来ずにいた。
上空を飛び去って行くヘリを虚しく見送る二人。

長野県警は要救助者を発見出来ず、日没と同時に一旦捜索を打ち切り、自衛隊への派遣要請も行う。

夜中、工藤と望月は救助を待ちつつ山小屋を探して必死に歩きつづけていた。
恒松の必死の介抱も実らず、武田はついに息を引き取った。

次の日天候は一向に回復しないなか、小松救難隊も捜索に参加する。
それからすぐに、工藤と望月を発見するも、二人はすでに息をしていなかった。

そんなとき、一宏と本郷の操縦するヘリがついに恒松を発見する。
しかし、救助のためにメディックを下に降ろそうとしたのだが、台風並の強風に煽られ下に降ろすことすら出来ず、救助を断念し一旦離脱することに。
そして天候の悪化に伴いミッションは一時中止を余儀なくされる。

そのころ、めぐみはなんとか次の新作の本を売るために必死になっていた。
そんなとき、ある人気イラストレーターのインタビューVTRに目が止まる。
次の日、このイラストレーターに表紙を依頼しようと提案するめぐみ。
VTRに映っていた書斎に、今度出版する本の作者の本が何冊もある事を見つけていたのだ。突破口となるか。
めぐみはメゲないで頑張るタイプなんですねぇ。

はたして一宏は、めぐみのように要救助者を助ける突破口を見つけられるのか?
本郷が一宏に語った、どんな目で空を見ている?ヘリパイの目で見ているか?
という言葉がきっと一宏に閃きを与えるはず。

iconicon
よみがえる空 -RESCUE WINGS- mission 1 icon 2006/4/26発売 
初回封入特典には、めぐみ役の能登麻美子さんによる
小松救難隊訪問記がついてくるそうです。
 

明日をとめないで iconOPテーマ 発売中

TVアニメ『よみがえる空-RESCUE WINGS-』エンディング&挿入歌集 icon発売中

「よみがえる空-RESCUE WINGS-」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« タクティカルロア 第11話 | トップページ | カエラ、sakusaku卒業 »

よみがえる空」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/9181226

この記事へのトラックバック一覧です: よみがえる空-RESCUE WINGS- 第11話:

» よみがえる空・第11話 [たこの感想文]
「ビバーク」 滑落した隊員を抱える山岳部員。天候は、低気圧の影響で悪化しつつある [続きを読む]

受信: 2006年3月21日 00:32

» よみがえる空 第11話「ビバーク」 [CHEZ MOKANA]
上の画像は今回の話とイメージが異なる場合がありますので御了承ください。 【この先ネタバレアリ!!】 [続きを読む]

受信: 2006年3月21日 23:24

» (アニメ感想) よみがえる空 Rescue Wings 第11話 「ビバーク」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
よみがえる空 -RESCUE WINGS- mission 1 リアルでもこの間、遭難事故が起こりました。あまりにもタイムリー過ぎて、なんともいえない気分になりましたが・・・。さて、このアニメも最終回が近づいてきています。本当に1クールで終わってしまうか?そんな思いで一杯ですが....... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 07:36

» (アニメ感想) よみがえる空 Rescue Wings 第11話 「ビバーク」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
よみがえる空 -RESCUE WINGS- mission 1 リアルでもこの間、遭難事故が起こりました。あまりにもタイムリー過ぎて、なんともいえない気分になりましたが・・・。さて、このアニメも最終回が近づいてきています。本当に1クールで終わってしまうか?そんな思いで一杯ですが....... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 07:37

« タクティカルロア 第11話 | トップページ | カエラ、sakusaku卒業 »