« ARIA The NATURAL 第4話 | トップページ | SIMOUN 第4話 »

2006年4月25日

RAY THE ANIMATION 第3話

「ガラス越しの風景」

篠山の運転で零と美里たち看護婦は海へ。海水浴ではなくて、海の近くのアクアワールドにいる患者の手術のためだった。

患者は12才の男子。
皮膚が特殊な病原菌に冒されその胞子状の病原体が腫瘍を作り体中に広がって行く奇病。このままでは死に到るため、この病原体の活動を抑制する力のある微生物で満たされた水槽の中にいた。
この微生物は酸素を嫌い、それもかなり限定された水圧下でしか活動できないため、ここに入っていたのである。
それでも病気の進行を抑制することが出来るだけで、このままではゆっくりと死が近づいている事に代わりはない。

零が水中で腫瘍の切除手術をすることに。
水着を持ってきていなかった零は、篠山の趣味のビキニを着させられてその上に感染を抑えるための特殊スーツを着込み手術開始。

順調に手術は進んだのだが、残り僅かという所で、なんと停電が起こる。
本来なら自家発電ですぐに回復する所なのだが、この場所は、少年のために、その父が自分の権力を利用して密かに作らせた部屋だったため、自家発電の電力が供給されない。このままでは少年の生命維持装置が切れてしまう。

篠山がアクアパークの管理コンピュータにハッキングして電気を送る事に成功する。

これでなんとか手術は成功した。

顔はともかく股間に管がついていたのはなんか面白かった。
排泄のためなのは理解できるんだけど、それでも股間の管にはちょっと笑いかけたね。

iconicon
zero-G- icon OPテーマ 2006/5/10発売

iconicon
夕凪 icon ENDテーマ 2006/5/10発売

同じアニメのオープニングとエンディングテーマで、同じレーベルで、同時発売だから、狙いなんだろうけど、そっくりなジャケットですね。
間違えそうです。

「RAY THE ANIMATION」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« ARIA The NATURAL 第4話 | トップページ | SIMOUN 第4話 »

RAY」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/9765331

この記事へのトラックバック一覧です: RAY THE ANIMATION 第3話:

« ARIA The NATURAL 第4話 | トップページ | SIMOUN 第4話 »