« プリンセスプリンセス 第2話 | トップページ | きらりん☆レボリューション 第2話 »

2006年4月14日

夢使い 第1話

「夢始め、雨の教室」

なぜか雨の降る教室で行方不明になった水野圭。
同級生の森優花も、同じく雨の降る教室で巨大なてるてる坊主に襲われる。
そこを助けたのは、夢使いの三島燐子(小学生)だった。

燐子は優花を姉の塔子の元へ行かせる。
塔子も夢使い。
夢使いとは、心の暗号を解読してその夢の持ち主を探し出す。
そして現実世界に出てしまった夢をもとの夢に戻す者。

優花の想いが悪夢になり水野を捕りこんでしまったのだ。
その想いとは、水野を好きになってしまったこと。
そしてそれを伝えられなかった想い。

塔子と燐子は、悪夢を払う。
衣装は巫女風なのに使う武器は意外と近代兵器だったりして何でもありみたいですね。

そんなに重くもなく、軽くもなく、いい感じだと思います。
ただ初回なのに、塔子の口の動きがものすごく不自然だったのが気になりました。

あとエンディングを塔子の川澄綾子さんと燐子の真堂圭さんが歌っているのだが、あくまで個人的な意見ですが、川澄さんに歌を歌わせるのはやめたほうがいいと思うんですけど^_^;
音痴ではないと思うし、下手ではないけど、決して上手ではないです。
雪の女王のときの「夢であえるね」のときにもそう思ったんですけど。
なんか無理して歌っている感じするんですよね。

iconicon
夢使い  DVD I <初回限定版> icon 2006/6/21発売

「夢使い」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« プリンセスプリンセス 第2話 | トップページ | きらりん☆レボリューション 第2話 »

アニメ」カテゴリの記事

夢使い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/9582263

この記事へのトラックバック一覧です: 夢使い 第1話:

» 夢使い・第1話 [たこの感想文]
「夢始め、雨の教室」 うーん…OPだけを見ると、お払いとか、怪奇とかそんな感じだ [続きを読む]

受信: 2006年4月14日 07:06

« プリンセスプリンセス 第2話 | トップページ | きらりん☆レボリューション 第2話 »