« ラブゲッCHU ミラクル声優白書 第3話 | トップページ | ガラスの艦隊 第3話 »

2006年4月19日

魔界戦記ディスガイア 第3話

「おいでませ魔界秘宝館」

宿の代わりに魔界秘宝館に泊まる事になった、ラハールたち。
秘宝館といえば、もっとエロいのかと思ったのだが、魔界のくだらないものを集めただけみたいだね。
一応回転ベッドはあったけど、逆になぜ回転ベッドがあるのかは謎。

回転ベッドで寝て、一夜明けると、エトナとフロンの性格が入れ替わってしまっていた。
性格だけじゃなくて服も入れ替わってるんだが、それは気にしちゃいけないのか?

性格が入れ替わったからといって、どちらも別に慌てる事もなく、普通に過ごしている。
でも周りが迷惑なので、なんとか元に戻そうと、一度入ると誰も出てきた事がないというドアの中に放り込む。ラハールとプリニーも放りこまれた。

そこは弱さの奔流に飲みこまれてしまい出られなくなった魂たちが。
自分の弱さを克服し、このドアをぶち破り外に出たラハールたち。
エトナとフロンは元に戻ったのだが、今度は、ラハールとプリニーの性格が入れ替わっていた。

オチはこれですか、よくあるパターンですが、こういうときはその後どうやって元に戻るんでしょうね。
このアニメも深夜に放送する意味を感じないですね。
ギャグの質もお子様向けって気もするし。
これも切り候補に浮上中です。

魔界戦記ディスガイア ~魔界への招待状~ <初回限定生産> icon

「魔界戦記ディスガイア」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« ラブゲッCHU ミラクル声優白書 第3話 | トップページ | ガラスの艦隊 第3話 »

アニメ」カテゴリの記事

ディスガイア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/9673057

この記事へのトラックバック一覧です: 魔界戦記ディスガイア 第3話:

« ラブゲッCHU ミラクル声優白書 第3話 | トップページ | ガラスの艦隊 第3話 »