« 夢使い 第2話 | トップページ | ゼーガペイン 第3話 »

2006年4月21日

プリンセスプリンセス 第3話

「初仕事、姫様応援団」

姫としての仕事、それは各部活動の応援。
運動部から将棋部まで大会を控えた部の応援に奔走する三人。

さすがに校外での応援は遠慮したいと思っていたのだが、地区大会を突破した部には特別に応援に行く事に。

そして、弱小だった野球部が姫の応援の力か、地区大会を突破してしまった。

どうしても校外には姫の格好で出たくないとダダをこねる実琴に、生徒会長は一人でも拒否したら連帯責任で姫の特権を剥奪すると告げる。

当日、出発の時間が迫っても実琴の姿が見えず慌てる亨と裕史郎。
特権がなくなっても仕方がない、とりあえず応援にいこうと衣装のある家庭科室へ。
実琴は、朝から衣装に着替えようかずっと家庭科室で悩んでいた。

とにかく着替えて、野球部の応援に向かう三人。
衣装は”ナース服”
野球部は5回まで9-0で負けていたのだが、三人の姿をみたら元気百倍、大逆転で結果9-22で大勝した^_^;
実は、スコアボードを見ると7回を終わった時点で9-16なんで、全国大会でもなければコールドゲームになってもいいんだけど最後までやった見たいです、どのレベルの大会なのかが気になりました(どうでもいいけど)

姫の力恐るべし(^.^)

「プリンセスプリンセス」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« 夢使い 第2話 | トップページ | ゼーガペイン 第3話 »

アニメ」カテゴリの記事

プリンセスプリンセス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/9689814

この記事へのトラックバック一覧です: プリンセスプリンセス 第3話:

» プリンセスプリンセス・第3話 [たこの感想文]
「初仕事、姫様応援団」 晴れて正式な「姫」となった河野たちに早速、仕事の依頼が入 [続きを読む]

受信: 2006年4月21日 03:17

« 夢使い 第2話 | トップページ | ゼーガペイン 第3話 »