« ひぐらしのなく頃に 第2話 | トップページ | 夢使い 第1話 »

2006年4月14日

プリンセスプリンセス 第2話

「姫誕生」

生徒会長から姫について聞かされる亨。
姫になるのは、なにかと余裕のある1年生のみ。

姫になると特典がついてくる。
1.姫としての行事で授業に出られない時は公欠扱いになる。
2.毎月30枚の学食の食券
3.学校での必需品(制服から筆記用具まで)支給品扱いになる。
さらに、写真部の写真販売において、肖像権の一部として利益の一部が還元される。
つまりは自分の写真が売れれば売れるほど小遣い稼ぎになる。

これを聞いて、姫になることを即OKする亨。
どうもお金がかからないという所が亨のツボだったようだ。

やると決めたら、きっちり仕事をこなす亨。

そして、亨の姫としてのお披露目の時が。
その衣装は、やっぱりゴスロリ(これは衣装担当の趣味らしいので、毎年変わるみたい)
女王様の微笑みで、生徒を虜にしていく亨だった。

普通なら主役は、こういう役目を嫌々やるものだと思うんだけど、そういう意味では、亨よりも実琴のほうが主役のイメージなんですけどね。

「プリンセスプリンセス」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« ひぐらしのなく頃に 第2話 | トップページ | 夢使い 第1話 »

アニメ」カテゴリの記事

プリンセスプリンセス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/9582062

この記事へのトラックバック一覧です: プリンセスプリンセス 第2話:

» プリンセスプリンセス・第2話 [たこの感想文]
「姫誕生」 放課後、生徒会室に呼び出された河野。美形揃いの役員一同に、河野は嫌な [続きを読む]

受信: 2006年4月14日 07:11

« ひぐらしのなく頃に 第2話 | トップページ | 夢使い 第1話 »