« ゼーガペイン 第4話 | トップページ | 夢使い 第3話 »

2006年4月28日

姫様ご用心 第3話

「お客が刺客で絶体絶命」

ベッドに天蓋ついてた気がするのだが、次のシーンではなかったような・・・・
食堂も妙に豪華だと思ったら、次には普通にもどっていたような・・・・
気のせいでしょうきっと^_^;

目が覚めて見ると、姫子のお母さんがメイド長になっていた。父は近衛兵に。
でも家はそのままみたいだね。

レスリーとカレンでは埒があかないと、ミス・ヨーコは、王冠奪取のため新たな刺客アドロンを雇う。アドロンはまんまと姫子のボディガードとして雇われるのだが・・・・

姫子には3日後に隣国の王子との婚礼の儀が行なわれる事になっていた。
結婚云々よりも隣国の王子ってところで外国人アレルギーの姫子はもう逃げ腰^_^;

そばなたちは婚礼の儀での余興の人形劇の練習を。
その内容が恋愛ものだと知ってやる気になった姫子、そして姫子が主役に。
婚礼の儀の余興なら、姫子がこの劇に出ていいはずがないと思うのだが、というか出ちゃまずいだろう。

王冠を狙うアドロンも完全に姫子のペースに乗せられて上手くいかない。
仕事を干され、意地になったレスナーとカレンは独自に王冠を狙う。
外れないなら姫子毎盗んでしまったのはいいのだが、結婚をしたくない姫子もそれにのり一緒に逃亡、そして廃屋に逃げ込んだまではよかったが、いつのまにか人質を取った立てこもり犯になってしまう。
姫子が勝手に身代金まで要求して、どんどん泥沼状態に。

結局姫子は救助され、婚礼の儀まで部屋に閉じ込められる。
なぜかその部屋に、王子らしきなぞの男もいたりする^_^;

あいかわらずテンションだけで進んでしまって、ついていくのがやっとですね。
これが面白ければまだ救われるんですが、微妙に私のツボを外しまくっているのがまた辛い所ですね。

ナーナはどうして姫子の近くにいつもいられるのかとっても不思議。
護衛は真っ先にナーナを遠ざけるべきだと思うのだが。

百発百中とらぶるん♪ icon OPテーマ 発売中

「姫様ご用心」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« ゼーガペイン 第4話 | トップページ | 夢使い 第3話 »

アニメ」カテゴリの記事

姫様ご用心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/9796984

この記事へのトラックバック一覧です: 姫様ご用心 第3話:

« ゼーガペイン 第4話 | トップページ | 夢使い 第3話 »