« 少女チャングムの夢 第3話 | トップページ | 吉永さん家のガーゴイル 第6話 »

2006年5月 7日

Soul Link 第6話

「FAREWELL-別れ-」

制御ルームの攻防戦の末なんとか死守したものの、秀平は撃たれ、セラリアはパララクスに捕らえられた。

しかし、秀平の傷はすぐに治ってしまっていた。
そしてセラリアはパララクスの一員だった。彼女が手引きしてアリエスに潜入させたのだ。そのわりにはゲイルと仲が悪そうで、いったい何を企んでいるのか謎が多い。

傷が治っただけではなく、未来のビジョン?が脳裏を過ぎるようになる秀平。
秀平は一人でパララクスのところに乗り込む決意をする。
まぁ傷が治っちゃう身体なら、そう簡単には殺されないだろうからね。

秀平はユウと涼太に、捕虜にしていた敵が消えて無くなった事実を明かす。
これはスキュラの仕業らしいけど、スキュラって何?
ユウの正体は、なんと傭兵だった、それもパララクスに雇われていた。
とはいっても、ゲイルたちとは対立しているグループからの依頼で、ゲイルたちの邪魔をするのが仕事らしい。
そうだとしても、たった一人なのか雇われたのは、それでどうしろっていうんでしょうね。

それを知った上で秀平はユウに後を託す。
どうやらゲイルたちのほうでも現在何か起こっているらしい。
そんなビジョンも見える秀平。もしかしたらあちらはスキュラの巣になっているかもしれないと一人で乗り込む事にしたのだ。

秀平は別れる前に、七央に指輪を渡す。
そして、体を重ねる。
最後の別れになるかもしれないからって、やっちゃうんだ秀平くん。
時分の体がおかしくなっていること気付いているのに、やっちゃうんだ。
そのことで七央にうつっちゃうとか考えないんでしょうかね。

そして、秀平は一人敵の元へ。
次回予告で分かったのだが、セラリアさんがときどき何か念じていたように見えたのは、秀平の脳に同調していたらしい。
言われないと分からないですよ。
セラリアが思念を飛ばして映像を見せていたのかと思ってたよ。

Soul Link  DVD Vol.1 <初回限定版> icon2006/6/23発売

「Soul Link」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« 少女チャングムの夢 第3話 | トップページ | 吉永さん家のガーゴイル 第6話 »

Soul Link」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/9950749

この記事へのトラックバック一覧です: Soul Link 第6話:

» Soul Link 第6話「FAREWELL-別れ-」 [Cross Channel]
今回はR-15のAT-X版と地上波(TVS)の両方見たが、エロシーンは随分違った。 地上波では最初のセラリアの陵辱シーン(敵のスパイ?だったセラリアのヤラセ映像なんだろうか)は全面カット。 [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 11:54

« 少女チャングムの夢 第3話 | トップページ | 吉永さん家のガーゴイル 第6話 »