« HERO(再) | トップページ | SIMOUN 第12話 »

2006年6月20日

RAY THE ANIMATION 第11話

「哀してる・・・」

アカリボンが姿を消した。

零は、Hリングの男の居場所を知り、そこへ乗り込む。

そこで、彼は零を待っていた。

ONEすら失敗作だというHリングの男。

零のオリジナルの人間も医者だったという。零が医者になったのもそのせいだというのだが・・・

そして、彼は夢は実現したという。
そこに沢が登場。Hリングの男を追い詰めるも逃げられてしまう。

逃げるとき、彼を助けたのはコーイチだった。
コーイチは彼に捨てられても守ろうとするONEを殺して助けたのだった。

そのころ、アカリボンの姿は、篠山の幼馴染みにして、彼の人工臓器を移植された、すみれの家を覗いていた。
もしかして篠山と零をくっつけようとでもしているのかな?それにはすみれが邪魔だとか?

個人認証のセキュリティをあっさりパスした零だが、クローン同士はそれこそ指紋も同じなんですかね。
もしかして、毛細血管とかまで同じなんでしょうかね。

RAY THE ANIMATION DVDVol.1 2006/7/28icon

「RAY THE ANIMATION」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« HERO(再) | トップページ | SIMOUN 第12話 »

RAY」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/10611634

この記事へのトラックバック一覧です: RAY THE ANIMATION 第11話:

« HERO(再) | トップページ | SIMOUN 第12話 »