« 吉永さん家のガーゴイル 第11話 | トップページ | 3塁ベース踏み忘れ幻のホームラン »

2006年6月12日

西の善き魔女 第10話

「見えない壁」

レアンドラは、ブリギオン軍に対して、私軍を作り対抗しようとする。

竜退治をするユーシスたち。
その竜に襲われそうになった、フィリエルを救ってくれたのは、ルーン。

ルーンは竜の秘密を明かす。
大陸には竜が何万頭といること。
ただし、普段は見えない壁が竜を阻んでいること。
その壁に定期的に穴があく、そこから竜がカグウェルに入ってくること。
壁と真昼の星とは影響しあっていること。

だから、この壁の穴をどうにかするしかないこと。
それにはエフェメリスが必要なこと。エフェメリスはエディリーンのお墓に隠していること。

この壁の存在を確かめるために、ルーン、フィリエル、イグレインそしてルー坊が世界の果てへ向かう。

リイズはブリギオンと通じていたことをアデイルは知る。
そしていまだに元老院を動かしている存在がいることも。

ルーンは、蛇の杖(ヘルメス党)に入党していた。
異端の研究しか知らない彼にはやはり、そこが居場所なのかもしれない。

見えない壁にたどりついたとき、フィリエルの女王試金石が反応した!

ロットが怪しい動きをして見たり、リイズが生きているような気配をほのめかしたり、どうもアニメオリジナルっぽい動きが見え始めました。
結末ははたして、原作と同じなのか、それとも違うのでしょうか。

それにしてもあの竜のデザインはちょっと趣味じゃないです。
別に普通の恐竜でいいと思うんですけど、どうしてあんなデザインにしたんだろう?

iconicon
DVD 西の善き魔女 第1巻 <初回限定版> icon 2006/7/7発売

「西の善き魔女」関連商品をセブンアンドワイで探す

「荻原規子」さんの他の作品をセブンアンドワイで探す

|

« 吉永さん家のガーゴイル 第11話 | トップページ | 3塁ベース踏み忘れ幻のホームラン »

アニメ」カテゴリの記事

西の善き魔女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/10488157

この記事へのトラックバック一覧です: 西の善き魔女 第10話:

« 吉永さん家のガーゴイル 第11話 | トップページ | 3塁ベース踏み忘れ幻のホームラン »