« ひぐらしのなく頃に 第11話 | トップページ | いぬかみっ! 第11話 »

2006年6月16日

夢使い 第10話

「美砂子、出動する」

倉庫に、悪夢・巨大な巨乳アイドル”ぱいぱい”に抱かれるように、菅野が立て篭もっていた。

依頼を受けるも、塔子は現在引きこもり中。
燐子も橘も出払っており、美砂子が出向くことに。

菅野と交渉しようとしたら、あっさりと悪夢だと認め、そればかりか、もう飽きたから、好きにしていいと、投げやりに倉庫から去って行ってしまう菅野だった。

呆気にとられる美砂子だが、美砂子には、悪夢を消してしまう力がないので、燐子か橘が戻ってきてくれるまで、ぱいぱいと一緒に過ごすことに。
持ち主に捨てられた悪夢に、なんとなく同情心を抱いてしまう美砂子だった。

ぱいぱいが暴走して、美砂子を食べようとしたとき、橘が駆け付けて、ぱいぱいを消し去るのだった。

リボンを見て、橘に高校時代渡したバレンタインのチョコを思い出してる美砂子。
無視されていたと思ったのだが、橘は、ちゃんとお礼をしたという。
敬老の日にお煎餅渡したんだそうだ・・・・・

なんだかんだいって、二人はいいコンビです。

燐子は街に戻って着たとき、塔子に似た影を見た。
しかし、塔子は、家で引き篭ったままなのだか・・・・

ところで、コスプレ好きなんだね美砂子。

iconicon
夢使い  DVD I <初回限定版> icon 2006/6/21発売

「夢使い」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« ひぐらしのなく頃に 第11話 | トップページ | いぬかみっ! 第11話 »

アニメ」カテゴリの記事

夢使い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/10541902

この記事へのトラックバック一覧です: 夢使い 第10話:

« ひぐらしのなく頃に 第11話 | トップページ | いぬかみっ! 第11話 »