« BLACK LAGOON 第9話 | トップページ | ひまわりっ! 第9話 »

2006年6月 5日

西の善き魔女 第9話

「世界のかなたの森」

フィリエル、イグレインとともにユーシスをこっそりと追っていく。
どうしてこういうことになったのかがごっそり抜けているのがとっても残念です。

まして、アデイルがしくんだ、あの赤毛の騎士を追っていく少女の歌とかまったくどこにもでてこないんですもの、ものすごくもったいないと思いますよ。

竜退治に向かう騎士達は、ユニコーンを手に入れるため、ギルビア公爵家に立ち寄る。
ユニコーンに騎乗して竜退治を行なうのがならわしだからだが、もっとも馬では竜の匂いを嗅いだだけで逃げ出してしまうのだそうだ。
ユニコーンだけが竜に怯まない。それはユニコーンも竜の一種だからと言われている。

そして、ユニコーンは一頭のオスに複数のメスが従う。
それゆえ、オスを乗りこなすことが出来れば、同時にメスが付いてくることになる。
だが、オスを乗りこなすのは至難の技なのだが、ユーシスはリーダーとしてオスに挑み、なんとか屈服させることが出来たのだった。

そのころ、フィリエルは、ギルビア家でやはりユニコーンを手に入れていた。
というか、フィリエルが持っていた、女王試金石に惹かれて、子供のユニコーンがなついてしまったのだ。で、結局はこの子を連れて行く事になる。
名前はルー坊とつけた。当然、誰かさんに似ていたからである^_^;

ギルビア家の夫人であるオーガスタ王女(レアンドラ、アデイルの実母でもある)に
「ユニコーンは初代女王の遺産。諸刃の剣でもある。そして世界の鍵を握るのはユニコーンを動かせる者」と聞かされたフィリエルだった。

結局カグウェルに入ってから、森の中で、ユーシスたちと再会しちゃうフィリエルだったりする。

個人的には、ユニコーンのデザインがあんなだったのが意外。
というかなんかがっかり。たしかに竜の一種ということを想像させるデザインだけど、普通に四足のユニコーンでよかったと思うんですけどね。

また、オーガスタ王女は、二人の女王候補の実母というおいしい役なんですが、そのへんのくだりをあっさりと流してしまったのも残念だった。

私が原作で好きなところをいつもいつも、すっとばしてしまうこのアニメ。
スタッフと私の感性が違いすぎるって事なんですかね。
私が変わっているって事なんでしょうか、やっぱりorz

iconicon
DVD 西の善き魔女 第1巻 <初回限定版> icon 2006/7/7発売

「西の善き魔女」関連商品をセブンアンドワイで探す

「荻原規子」さんの他の作品をセブンアンドワイで探す

|

« BLACK LAGOON 第9話 | トップページ | ひまわりっ! 第9話 »

アニメ」カテゴリの記事

西の善き魔女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/10396247

この記事へのトラックバック一覧です: 西の善き魔女 第9話:

« BLACK LAGOON 第9話 | トップページ | ひまわりっ! 第9話 »