« ARIA The NATURAL 第14話 | トップページ | SIMOUN 第14話 »

2006年7月 4日

RAY THE ANIMATION 第13話(最終回)

「命」

目が覚めると、そこは孤島。
そこには、施設で育った仲間たちもいた。

コーイチはここを自分たちの楽園として、ここで暮らそうとしていた。

そして最後の願い、零の目を元に戻す事。
すみれの目が零の元々の目。その手術をしようとするのだが、零はそれを断る。
いまのコーイチは、Hリングの男がしてきたことと同じことをしようとしていると。

自分を愛して欲しいと言う、アカリボンすら殺してしまうコーイチ。

施設の仲間たちに、零は外に出よう、怖くないからと訴えながら気を失ってしまう。

コーイチはふいに自分の過ちに気付き、自殺した。

凝り固まってしまった呪縛から逃れるために、死ぬしか選択肢がなかったというのはちょっと残念だけど、これでコーイチもやっと自由になれたのだった。

すみれの人工臓器の信号を辿り、沢たちが零を助けた。

ほのか(Hリングの男の母のクローン)は一命をとりとめ、徐々にクローンとしての記憶も消えてきているそうだ。いずれは、自分だけの記憶を持ち、オリジナルになれる日が来るだろう。

施設の仲間たちも沢が引きとり、病院で働かせながら社会復帰(復帰って言い方は変だけどね)させることに。

そして、零は篠山の愛を受け入れた。

廃坑崩落により、頭にダメージを受けていた零。視力が落ちてきた目を再び手術してくれたのは、

B.Jことブラックジャック。

そして、回復した目をつかっての最初の手術は、賢治だ。
賢治の治療法がついに見つかったのだ。

自分が何者か、命とは何かを考えさせられるアニメだったと思います。
アカリボンがちょっと可哀想な役だったかな。

RAY THE ANIMATION DVDVol.1 2006/7/28icon

「RAY THE ANIMATION」関連商品をセブンアンドワイで探す

「吉富昭仁」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« ARIA The NATURAL 第14話 | トップページ | SIMOUN 第14話 »

RAY」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/10791200

この記事へのトラックバック一覧です: RAY THE ANIMATION 第13話(最終回):

« ARIA The NATURAL 第14話 | トップページ | SIMOUN 第14話 »