« SIMOUN 第17話 | トップページ | うたわれるもの 第17話 »

2006年7月25日

COYOTE Ragtime Show コヨーテラグタイムショー 第4話

「過ぎ去りし日々」

ブルースのペンダントを再生する。

ペンダントの秘密とは、ブルースの義眼に埋めこまれた記憶チップ。
そして、その中味は、
宇宙最難関、不可能とさえ言われたセントラルバンク大金庫の100億宇宙ドル強奪の一部始終。

ブルースの遺産とは、この100億宇宙ドル。

だが、こんな大事件なのにニュースにすらならなかった。
それは、セントラルバンクの威信が隠蔽させたのだ。

ということで、全編、ブルースの金庫破りの話になります。

ブルースは、セントラルバンクに幹部候補として試験を受けて入社。
それから一年もの時間をかけ、信頼を勝ちとっていく。
その間に、金庫の設計図を手に入れ、グレイスランドに実物大のコピー金庫を作らせていた。

そのコピーを使って実践テストを繰り返し、本番決行へ。

そして、きっちりと仕事をやり遂げてしまった。

スワンプたちに分け前を与えたあとの残りの全額を、グレイスランドのコピー金庫に封印したのだった。

グレイスランドは、ブルースとフランカの母が出会った場所だそうだ。

ということで、ブルースの遺産を手に入れるためには、ある意味、セントラルバンクの大金庫から盗むのと同じことが要求される大仕事だった。

海賊王ってイメージとは微妙に違う仕事っぷりですが、ブルースが凄いのはわかったお話でした。

「コヨーテラグタイムショー」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« SIMOUN 第17話 | トップページ | うたわれるもの 第17話 »

アニメ」カテゴリの記事

COYOTE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/11099061

この記事へのトラックバック一覧です: COYOTE Ragtime Show コヨーテラグタイムショー 第4話:

« SIMOUN 第17話 | トップページ | うたわれるもの 第17話 »