« SIMOUN 第15話 | トップページ | うたわれるもの 第15話 »

2006年7月13日

COYOTE Ragtime Show コヨーテラグタイムショー 第2話

「海賊亭の少女」

あと10日で刑期を終えるはずだったミスターが脱獄した理由。
それは、惑星グレイスランドにあるはずのもの。

そのグレイスランドを破壊してしまう爆弾がに7日後に投下される予定だから。

そして、そのあるものの鍵を握る少女のところへミスターたちコヨーテは帰ってきた。

彼女はフランカ(お嬢)宝の在り処を知る少女。
少女の父がギルドに殺された。それはその宝のせい。
それを見取ったミスター。
ミスターは、託されたペンダントをお嬢に預けていた。

そんなとき、またも12姉妹が襲う。

ギルドの狙いも当然、そのお宝だ。

追い詰められた二人がビルから落ちたのを間一髪救ったのは、カタナとビショップだった。
無理矢理奪う事も出来たのに、それをしなかったミスター。
それは、お嬢を家族だと思えていたから。
家族は裏切らない。

4人による宝探しがここから始まる。

チェルシィのおっぱい人脈
どこぞの高官かと思ったら、海賊放送してるアフロのスーパーソウルっていうのがなかなかナイスで素敵です。

エンディングのフィギュアがまたいい感じです。

「コヨーテラグタイムショー」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« SIMOUN 第15話 | トップページ | うたわれるもの 第15話 »

アニメ」カテゴリの記事

COYOTE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/10923287

この記事へのトラックバック一覧です: COYOTE Ragtime Show コヨーテラグタイムショー 第2話:

« SIMOUN 第15話 | トップページ | うたわれるもの 第15話 »