« SIMOUN 第20話 | トップページ | うたわれるもの 第20話 »

2006年8月16日

COYOTE Ragtime Show コヨーテラグタイムショー 第7話

「反逆のマルチアーノ」

ミスターは、麻酔なしながらも、弾を取り出すことに成功。
だが、コヨーテ号は、ゲートを間違え、グレイスランドに到着するのは、光子爆弾が落とされるのとほぼ同時になってしまう。

ゲートを戻ってもう一度と、強行しようとするも、マルチアーノに戻るためのゲートを潰されてしまう。それでもミスターは一縷の望みに賭けて、グレイスランドを目指す。

マルチアーノはゲートを通りグレイスランドへ。
だが、そこではギルドのハンター・ベネットが待ち構えていた。

ギルドに反旗を翻したマルチアーノを説得するベネットだが、マルチアーノは拒否。
正面から激突することに。

大艦隊のベネットだったが、マルチアーノの12姉妹たちの前に惨敗。
ベネットもあっさりと命を落とした。

マルチアーノが、ブルースの遺産を狙う理由。
ブルースとの決着がついていないからというのだが、マルチアーノはブルースに惚れてたのかな?

ミスターたちは、なんとか光子爆弾の発射を遅らせようと策を練るつもりみたいだけど、マルチアーノが先に手にいれる可能性もあるわけで、それを奪おうという考えはないのかな。

もしかして、お宝よりも、それを手に入れる過程が大切ってことかな。

で、グレイスランドってやっぱり地球?

「コヨーテラグタイムショー」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« SIMOUN 第20話 | トップページ | うたわれるもの 第20話 »

アニメ」カテゴリの記事

COYOTE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/11454761

この記事へのトラックバック一覧です: COYOTE Ragtime Show コヨーテラグタイムショー 第7話:

« SIMOUN 第20話 | トップページ | うたわれるもの 第20話 »