« SIMOUN 第24話 | トップページ | うたわれるもの 第24話 »

2006年9月12日

COYOTE Ragtime Show コヨーテラグタイムショー 第11話

「薄らぐ記憶」

アンジェリカたちと別れ、鍾乳洞に戻るミスター。
アンジェリカは、解放軍の基地を見つけては、光子爆弾が埋められていることを告げ撤退するように説得していく。

その途中で、ミスターとの思い出を語るアンジェリカ。
8年前、ダイヤモンドヘッド事件で出会った。
交通整理を担当していたとき、津波が(というか高波だな)その波の上にミスターがいた。

そして4年後、ファイヤーゲート事件のときからミスター専門に。

今まで自分の気持ちを抑えてきたって、いうんだけど、もしかして恋しているだけ?
ミスターとのやりとり見ると、絶対血縁関係があると思ったのだが、どうなんだろう?

ミスターを追って、マルチアーノも出陣。自分自身との決着をつけるため。

そのミスターはギガバンクスに辿り着いた。
そこでフランカとカタナと合流。
カタナが援護で残り、ミスターとフランカでギガバンクスのなかへ。

ブルースが辿った道を繰り返す二人。
これがフランカへの贈り物でもあるわけだね。

100億宇宙ドルは、地下水まみれで水びたし。
さすがに全部は持ち出す時間もない、だが、そこにはもっと大切な宝があったのだった。

それこそがブルースが本当にここに隠したものだったのだろう。
それは、フランカとの楽しい思い出の映像だった。

ギガバンクスに辿り着いたマルチアーノ。
最後の決戦が始まる?

ビショップとスワンプはコヨーテ号でミスターたちの救出に向かおうとしていた。

コヨーテ ラグタイム ショー DVD Vol.1 icon2006/9/22発売

「コヨーテラグタイムショー」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« SIMOUN 第24話 | トップページ | うたわれるもの 第24話 »

アニメ」カテゴリの記事

COYOTE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/11873145

この記事へのトラックバック一覧です: COYOTE Ragtime Show コヨーテラグタイムショー 第11話:

« SIMOUN 第24話 | トップページ | うたわれるもの 第24話 »