« 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 第4話 | トップページ | 少年陰陽師 第4話 »

2006年10月27日

イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第12話(最終回)

「世界」

権力を手に入れたかったのだと丈に告げる仁。
知りあった当時、自我すら感じられなかった丈。
何もないはずのお前には負けるわけにはいかないと、仁はリミッターを解除したグラディエーターで丈に襲いかかるが、セブンチルドレンの恐怖の心に打ち負かされ、苛まれていく。
「お前と僕の何が違う」最後まで正気を取り戻せず、丈の腕の中で息を引き取る。
涙を流す丈。

虎二はさつまを率いて攻撃をし掛ける。
自らもグラディエーターに乗り、ドレイクを討とうとするも、ドレイクも最新型のグラディエーターで迎撃。
それは、6体のグラディエーターを精神ネットワークで繋ぐことで、近くにある機械をすべて乗っ取ることが出来る究極の兵器だった。

さつまの船のコントロールを乗っ取り、相打ちをさせるドレイク。

だが、そのドレイクですら、これは使いこなせない代物だった。
ドレイクすらも拒否し、暴走するグラディエーター。
丈がそれに乗りこんだとき、セブンチルドレンの憎悪を感じるのだった。

それを優しく包みこむ沙那。
沙那の思いを受け止める丈。
暴走は止まった。

ドレイクも倒し、日本にロゴスもレヴィナスもない世界が始まった。

丈は、沙那を虎二にまかせ一人旅に出るのだった。

丈がどうして一人だけグラディエーターを乗りこなせたのかの謎とかをしっかり描いて欲しかった。
結局、仁はなんだったんだろうっていうのあるし。

焦点がはっきりしなかったし、全体的に消化不良なアニメだったと思います。
設定とかメカとかそこそこいいものがあっただけにちょっと残念です。

「イノセント・ヴィーナス」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

|

« 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 第4話 | トップページ | 少年陰陽師 第4話 »

アニメ」カテゴリの記事

イノセントヴィーナス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/12443322

この記事へのトラックバック一覧です: イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第12話(最終回):

« 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 第4話 | トップページ | 少年陰陽師 第4話 »