« アイシールド21 第80話 | トップページ | 少年陰陽師 第3話 »

2006年10月20日

イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第11話

「美神」

虎二、反乱を決意したら、死に装束(着物の左前)を止めたのか。
やっぱり、あの着こなしには意味があったということかな。

仁は、沙那に真実を話す。
グラディエーターには、人の神経組織が組みこまれていること。
だが、普通の人の神経では反応速度などに問題があったため、特別な神経組織を持った者たちをつくりだした。
沙那は人工的に作られた。その沙那のクローンがセブンチルドレン。
ビーナスである沙那以外は、グラディエーターに組みこまれるためだけに生まれてきたもの。

それでも、沙那の父は、制御装置をブラックボックス化した。
解除パスワードをあるものに隠して。
これが、あの調律の乱れたピアノだったようだ。

青狼がそこに奇襲をかける。
それを撃退する丈だったが、その間に仁には逃げられた。

研究所にまだセブンチルドレンはいるという仁の言葉に、助けに向かう沙那。
たとえどんな姿でも、今の状況から救い出したいと。

だが、それは仁の罠。
仁に囚われ、連れ去られてしまう沙那だった。

その仁も、ドレイクに追い詰められてしまう。
ブラックボックスは開いたと。もう用なしだと。

仁はそれでも、丈とグラディエーターで戦うことを条件に命乞いをする。

そして、始まりの地のあの廃墟へ。

ドレイクもどうもフリーダムステイツにグラディエーターの秘密を売りわたしたうえで、フリーダムステイツの軍をもその秘密で掌握しようという野心があるようだ。

ところで、仁の目的だった復讐は、こんなことで成し遂げられるのか?
最後の最後まで、仁がいいやつなのか悪い奴なのか、判断できない。

「イノセント・ヴィーナス」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« アイシールド21 第80話 | トップページ | 少年陰陽師 第3話 »

アニメ」カテゴリの記事

イノセントヴィーナス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/12347661

この記事へのトラックバック一覧です: イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第11話:

« アイシールド21 第80話 | トップページ | 少年陰陽師 第3話 »