« Welcometothe N・H・Kへようこそ! 第15話 | トップページ | 金色のコルダ~primo passo~ 第3話 »

2006年10月17日

夜明け前より瑠璃色な 第2話

「お姫様は優等生」

達哉と同じ学院に通うことになるフィーナ。
メイドのミアもついていきたそうだが、それはむりやりやめさせる。

最初はみんな堅い雰囲気だったが、いつのまにか人気者に。
王家の嗜みで、剣術を心得ているとはいえ、剣道が強いのとはちょっと違う気がするけど。

結局、ミアはお昼ご飯を持って学院に来てしまう。
それでもお腹が減っていたので今回だけは大目に見てくれるフィーナでもある。
個人的には、思い切って、ミアも学生として通わせてしまえばいいんじゃないかとも思うけどね。
クラスが違ったらひと騒動ありそうだけど。同じなら同じでそれも問題ありそうだが・・・・

放課後は街を案内しようとした達哉だったが、大使館での公務だということでお迎えが。
次の日からも、ほとんどが公務となり、家に帰ってくるのも夜中になるフィーナ。
そんなフィーナに何もしてやれない自分が悔しい達哉だったりする。

それでも、王女には何もしてやれないが、家族としては何かできるはずと、
夜中に帰ってきたフィーナを「お帰り」と迎えてあげるのだった。

ところで、毎回、フィーナの鼻を抓むシーンがあるのかしら?

「夜明け前より瑠璃色な」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« Welcometothe N・H・Kへようこそ! 第15話 | トップページ | 金色のコルダ~primo passo~ 第3話 »

アニメ」カテゴリの記事

夜明け前より瑠璃色な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/12313171

この記事へのトラックバック一覧です: 夜明け前より瑠璃色な 第2話:

« Welcometothe N・H・Kへようこそ! 第15話 | トップページ | 金色のコルダ~primo passo~ 第3話 »