« 護くんに女神の祝福を! 第6話 | トップページ | きらりん☆レボリューション 第32話 »

2006年11月11日

あさっての方向。 第6話

「夏の永遠」

アパートを訪ねてきた徹允のあとをついていくからだ。
徹允はからだは親戚の家に行ったと言っても信用していなかった。
学校の教室を見て、懐かしさを覚えるからだ。
ほんの少し前のことなのにね。

今度は神社へ。からだの階段を昇る姿、水を飲む姿、そんな仕種から徹允は、大人の彼女になぜか子供のからだを感じる。
そして、神社の裏山を登る、ここでも子供のからだを一瞬感じる徹允。
着いた先は、神社の水の水源だった。
ここにからだを連れてきたかったのだそうだが、そのときは、途中で怖がられてここまで来られなかったと。

徹允くんここまで感じていて、気付かないのは、勘がいいのか、鈍いのか。
まぁ大人になってるとは普通思わないからね。

そんな徹允に、からだは、元気でいることを絵はがきで送るのだった。
ところで、消印はどこなんでしょう?

これでバレるような気がするんですけど^_^;

「あさっての方向。」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« 護くんに女神の祝福を! 第6話 | トップページ | きらりん☆レボリューション 第32話 »

あさっての方向」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/12638443

この記事へのトラックバック一覧です: あさっての方向。 第6話:

« 護くんに女神の祝福を! 第6話 | トップページ | きらりん☆レボリューション 第32話 »