« ちょこッとSister 第19話 | トップページ | 僕等がいた 第20話 »

2006年11月16日

銀色のオリンシス 第6話

「金色の悪魔」

空への扉それは月へと続く軌道エレベーターだった。
それが見え始めたころ、ガーデナーに襲われていたダラスたちレジスタンスを助ける。

ガーデナーの本来の目的は、大地の再生だというダラスたち。
彼らが人間を攻撃するのは、その目的の邪魔になるものを排除しているだけなのだそうだが、だからといって、やられっぱなしになるわけにはいかないと、レジスタンス活動をしていた。

空への扉を通じて月からガーデナーが地球に送りこまれていた。
逆に言えば、空への扉を破壊できれば、ガーデナーは地球にこなくなる。

ガーデナーってガーデンとかガーデニングってことね。
いままで気付かなかった自分が情けない。

そんなとき、ついに月の執政官がゴルトに乗ってトキトとテアの前に。
彼こそ本物のコウイチ?
とまどうテア、そしてトキトを偽物まがいものとして殺そうとする。

それを庇って攻撃に倒れるテアだった。

「銀色のオリンシス」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« ちょこッとSister 第19話 | トップページ | 僕等がいた 第20話 »

アニメ」カテゴリの記事

銀色のオリンシス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/12704337

この記事へのトラックバック一覧です: 銀色のオリンシス 第6話:

« ちょこッとSister 第19話 | トップページ | 僕等がいた 第20話 »