« BLACK LAGOON The Second Barrage 第7話(#19) | トップページ | Welcometothe N・H・Kへようこそ! 第20話 »

2006年11月21日

乙女はお姉さまに恋してる 第7話

「小っちゃな妹(かな)と大きなリボン」

10月になって衣替え。さすがに一子は衣替えなしですか。個人的にはして欲しかったんだけど。

衣替えということで服装チェックをしていた生徒会。
奏のリボンが貴子の目に止まってしまう。

大仰すぎるということで外すかもっと清楚なものに変えろといわれてしまう。
しかし、今更って気もしないでもないよね。
奏はずっと付けてるんだから、服装が冬服になったから目立ってしまったってこと?

もしかして貴子と奏って会ったことなかったのか?

まりやはすぐに反論したけど、瑞穂は躊躇。そのことをまりやに指摘されてちょっと悩んでしまう瑞穂。緋紗子先生と紫苑の言葉で、奏の擁護に回る決意をする瑞穂。

とはいえ、ものの見方は人それぞれだから、一概に貴子を悪と決めつけることも出来ない瑞穂。

それでも、生徒会に異議申立て申請をする。
最終的には生徒総会で、生徒の総意で決まるって、これこそ大仰な制度のような・・・

このことで、奏はちょっといじめられる。
お姉さまが奏のことで動いたのが妬ましいってことね。まぁわからなくもないがいじめは良くないよな。

奏がリボンに拘る理由は、両親も知らない彼女を育ててくれた院長先生がくれたものだから。
あの回想シーンだけみると、貰ったっていうより形見って感じだけどね。それはそれでもっと大切になるわな。
名前も院長先生が付けてくれたって言っていたが、もしかして、周防院って名字は、施設の名前だったりするかしら?

生徒総会で、奏のリボンが大仰に見えるのは、奏が小さいからだと主張して喝采を浴びる瑞穂だった。

これで奏のリボンはお咎めなしになったわけだが、貴子の心はどんどん乱れていくのね。
貴子を悪とは思っていないって瑞穂はちゃんと話しちゃってるからね。

DVD 乙女はお姉さまに恋してる I =限定版= icon2007/1/11 発売

「乙女はお姉さまに恋してる」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« BLACK LAGOON The Second Barrage 第7話(#19) | トップページ | Welcometothe N・H・Kへようこそ! 第20話 »

アニメ」カテゴリの記事

乙女はお姉さまに恋してる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/12763966

この記事へのトラックバック一覧です: 乙女はお姉さまに恋してる 第7話:

« BLACK LAGOON The Second Barrage 第7話(#19) | トップページ | Welcometothe N・H・Kへようこそ! 第20話 »