« アイシールド21 第82話 | トップページ | 少年陰陽師 第6話 »

2006年11月10日

奏光のストレイン 第3話

「亜光速の悪夢」

亜光速演習がつづくなか、あいかわらずのイジメにあうセーラ。
エミリィだけが唯一心を和らげてくれる存在。

亜光速での戦闘訓練が始まるが、セーラは嫌がらせのせいで参加出来ず。
そんなとき、ディーグが襲ってくるのだった。

演習から一転、実戦を強いられる訓練生たち。
ディーグのなかに、ラルフのストレインがあると知り、戦闘に参加できない自分を呪うセーラ。

セーラを忌み嫌っていたイザベラもあえなく宇宙の塵と消えて行く。
セーラがいれば助けてもらえたかもしれないのにね。自業自得かも^_^;
普通はこういう憎まれっ子は長生きするんだけどね、HPのキャラ紹介にすら載っていなかったから怪しいなとは思っていたんだけどね。

リーズナーのロッティは一人、ラルフのストレインに突撃していく。

戦闘できずに歯痒い思いをするセーラ、エミリィに呼ばれた気がする。
調整中のストレインにエミリィを乗せ、起動する。
他人のミミックでは動くはずはないのだが、「兄さんにあわせて」その想いが通じたのか奇跡が起きるのだった。

出撃して行くセーラだった。

セーラって名前は兄で苦労する運命なんでしょうか^_^;

「奏光のストレイン」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« アイシールド21 第82話 | トップページ | 少年陰陽師 第6話 »

アニメ」カテゴリの記事

奏光のストレイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/12626903

この記事へのトラックバック一覧です: 奏光のストレイン 第3話:

« アイシールド21 第82話 | トップページ | 少年陰陽師 第6話 »