« 少年陰陽師 第8話 | トップページ | はぴねす! 第8話 »

2006年11月24日

くじびきアンバランス 第7話

「えらいひとのはなしはきく。4点○右半分黒

スパイは泳がせてコントロールし目にあまるようなら消す これが現在の副会長の方針。

で、今回の任務は「スパイ狩り」
立橋院には、今現在100人はスパイがいるんだそうで、そのうちの一人でいいから捕らえろということのようで、諜報、治安維持活動は代々副会長の仕事だそうだ。

今回は、対テロ特殊部隊の立橋院スペシャルセキュリティーサービス(通称R3S)から橘いづみがサポートについてくれることに。
彼女は、時乃の隣りの席だった。

時乃は友達だというが・・・・
親睦会をしようという時乃だが、いづみはツーマンセルが基本だからと断るのだが、千尋の提案で時乃といづみの二人で行動することに。

で梅屋でぜんざい食べて、吉祥寺の町を歩く。完全に時乃のペースです^_^;
そこを何者かに後をつけられていたが、いづみがあっさりと撃退。

時乃が狙われたことになぜか激怒する蓮子さま。
なんだかんだいって蓮子もすっかり時乃が好きなようで。

蓮子が立橋院の過去30年のデータを囮にしてスパイをおびき寄せる作戦に。
それに引っ掛かったのが、なんといづみ。
彼女こそスパイだった。

R3Sに追い詰められるいづみ。
副会長直属の忍者こそなんと、小雪の姉の小牧だった。代々忍者の家系だったんだ。
それにしても目しか見えていないのに、小雪はともかくみんな小牧ってわかっちゃうんだね。

時乃を人質にいづみに、手が出せない小牧だったが、副会長が自分で手を下そうとするのだが、いづみを時乃がかばう。

それで、いづみは時乃を助けて自殺しようとするのだがそれを阻止されてしまう。
もはやこれまでのところなのだが、
「スパイは続けてもらって偽の情報を流してもらう」と時乃がいづみを二重スパイになってもらうことで決着。

いづみも次期生徒会の重要人物になってしまったかな。
生徒会長を護るのは副会長の仕事だそうだが、時乃の力はともかく(とはいっても彼女の誰でも友達攻撃は強力だけどね)、小雪の超能力もあるし、蓮子のメカもあるし、次期生徒会の会長は、歴代のなかでもかなり安全なんじゃないかとも思うけどね。

今回は突然のハードボイルド展開だったけど、本当にこのアニメはどこへ向かって進んでいるのかわからない。

くじびきアンバランス DVD-BOX I 【DVD3枚組・完全数量限定生産・げんしけんOVA第1巻付】 icon2006/12/22発売

「くじびきアンバランス」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« 少年陰陽師 第8話 | トップページ | はぴねす! 第8話 »

くじびきアンバランス」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/12800231

この記事へのトラックバック一覧です: くじびきアンバランス 第7話:

» くじびきアンバランス 7くじ目「えらいひとのはなしをきく。4点」 [CHEZ MOKANA]
立橋院の対テロ特殊部隊 立橋院スペシャルセキュリティーサービス 略してR3S 【ここから先はネタばれの可能性アリアリっす!!】 [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 00:36

« 少年陰陽師 第8話 | トップページ | はぴねす! 第8話 »