« BLACK LAGOON The Second Barrage 第12話(#24)(最終回) | トップページ | 乙女はお姉さまに恋してる 第12話(最終回) »

2006年12月25日

Rozen Maiden ouverture

前編 「悠久」

雛苺に、蒼星石も元気みたいなので、どうもトロイメントの途中って設定みたいですね。

ジュンの声の真田アサミさん。
前編の放送された金曜日は、銀河鉄道物語のルイに、特番のWinterGardenのデジキャピにと3本連続で登場してしてました^_^;

クンクンの本をネット通販で買っていた真紅。
代金はジュンが払うようで^_^;

真紅の薔薇の飾りが取れてしまい、縫いなおすためにジュンが槐の店に。
そこで、人形用のブローチをみつけて買ってきて縫いつけてみたジュンだったが、そのブローチを引き千切ってしまう真紅。

怒るジュンに、蒼星石が過去の話を。

それは蒼星石と真紅が初めて出会ったころの話。

出会った二人はいきなり戦っていたりするけど・・・
それを止めに入る翠星石。
翠星石ってなんだかんだいって最初からアリスゲームをしたいと思っていなかったのか。
一番心やさしいドールかもね。

そんなとき、水銀燈が真紅の前に現れた。
まともに歩けもしない姿で。

後編 「虚飾」

真紅は、水銀燈に優しく接して、歩く練習まで面倒見てあげる。
それでも紅茶をいれさせていたりするけど^_^;

そして、ついに水銀燈が歩いた!
「クララが歩いた」みたいにちょっと感動^_^;

そんなとき、蒼星石とまたまた戦いになる真紅。
その蒼星石のフィールドに水銀燈がやってきてしまった。

自分が第1ドールだと名乗ってしまった水銀燈を一撃で斬り倒す蒼星石。

そのまま消えて行く水銀燈。

真紅は水銀燈にはローザミスティカのない作りかけの人形だったのにと蒼星石を責める。

消え行くなかで、自分はなんのために生まれてきたのかを考える水銀燈。
そのとき奇跡か、ローゼンの影が現れて、彼女にローザミスティカを授けるのだった。

ラプラスの魔と槐の影が真紅達に迫っていた。

蒼星石と翠星石はミーディアにこれ以上迷惑はかけられないと再び眠りにつく。
真紅もサラとの契約をとき眠りにつこうとしていた。

そこに、水銀燈が現れた。
私もローザミスティカを授かったと。

そして、真紅に対して恨みを募らせていた。
自分だけがローゼンに愛されていると思っていると、私を哀れんで、そして蔑んでいただけだと。

そして、ローゼンがくれたブローチを水銀燈が握りつぶす。

これから二人の因縁が始まった。

「ジャンクのくせに」っていったときの真紅の目がローゼンメイデンっぽくなかった。
あそこだけ本当になにか違うアニメ見てるみたいな目だったよ。

こんな内容をみせられると、クララがあとあとでハイジとこんなことになった可能性もあるんじゃないかと思ってしまいます^_^;

雛苺と金糸雀が前編の最初だけしか出番が無かったのがちょっと残念だったなぁ。

Rozen Maiden原画集 icon予約受けつけ中
豪華スタッフ&キャストによるスペシャルインタビュー記事も掲載! 
【特別付録】様々なシチュエーションで翠星石があなたをののしる!  
「翠星石のズバリ言うですぅ!」ののしりボイスCD付き 

「ローゼンメイデン」をセブンアンドワイで検索する

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

|

« BLACK LAGOON The Second Barrage 第12話(#24)(最終回) | トップページ | 乙女はお姉さまに恋してる 第12話(最終回) »

R.M.T」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/13192192

この記事へのトラックバック一覧です: Rozen Maiden ouverture:

« BLACK LAGOON The Second Barrage 第12話(#24)(最終回) | トップページ | 乙女はお姉さまに恋してる 第12話(最終回) »