« 護くんに女神の祝福を! 第10話 | トップページ | きらりん☆レボリューション 第36話 »

2006年12月 9日

あさっての方向。 第10話

「本当の名前」

あのペンションはランチの収入でなんとか生活しているんでしょうか?
かなりランチに関しては繁盛している様ですね。
これも夏の間だけなんでしょうか?ちょっと心配^_^;

この浜には言い伝えがあるそうで、
「夏の終わりに砂に想い人の名前を書いて海に返すといつか必ず巡り合える」

願い石はもうだめみたいだから、こっちで元に戻れるのかな?

からだを探し続ける徹允に、どうして?もしみつからなかったら?と問い掛けるからだこと佐藤さん(ややこしい?)
「好きだから見つかるんだよ」見つけるじゃなくて、あくまで見つかるなんだよね。

椒子は、尋のアパートを雨の中出ていく。
二人を繋げていたのは、からだちゃん。でも二人を引き裂いたと思っている。
だからここには居られないと。

雨の中、からだを探し続けいた徹允は、足をケガしたあげくに雨にうたれたことで熱を出してしまう。
ずっと看病するからだ。
そして、心の中でずっと謝り続けるのだった。

徹允がからだを必要としてくれているっていうのは、元に戻るカギになりそうだね。
そして、大人の椒子を必要としてくれる存在が現れればなんとかなりそうな気もする。

いつみても、尋の前髪が気になる。
やっぱり最後はあの前髪を切るんだろうな。それこそが尋が解放された証しだろうから。

キャラクターイメージアルバム 「木漏れ日ダイアリー」からだ編 icon 2006/12/6発売

キャラクターイメージアルバム 「木漏れ日ダイアリー」淑子編 icon 2007/1/11発売

「あさっての方向。」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« 護くんに女神の祝福を! 第10話 | トップページ | きらりん☆レボリューション 第36話 »

あさっての方向」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/12989935

この記事へのトラックバック一覧です: あさっての方向。 第10話:

» あさっての方向。 #10 [N/A]
 ペンションで再会を果たしたからだとテツ。だが今は佐藤さんと網野君。必死で自分を探しているテツを見て、そうとは知らずにからだのことが好きだと告白したテツの言葉を聞いて、からだの心は揺れ動く。  一方尋と椒子をつなぎとめていたからだがいなくなり、しかもからだは二人を引き裂いたと勘違いしている。椒子は雨の中家を出ていくのだった。  J.C.STAFFの桜美かつし監督作品といえば「よみがえる空」から大のお気に入りなのだが、今度も1クールでスパッと終わってしまうんだろうか。「あさっての方向。」もずっと見てい... [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 22:33

« 護くんに女神の祝福を! 第10話 | トップページ | きらりん☆レボリューション 第36話 »