« Welcometothe N・H・Kへようこそ! 第22話 | トップページ | ココログがまたまた大規模メンテナンスに突入です »

2006年12月 4日

夜明け前より瑠璃色な 第9話

「お姫様に迫る影」

フィーナと達哉は、達哉の家に戻ってすっかりラブラブですな。
で、二人は婚約したの?
それで、初デート?

一緒に住んでから婚約してそれから初めてのデートって順番が完全に間違ってるでしょう^_^;

月に戻ったカレンは、王様に、二人のことを報告。
ついでに、ユルゲン批判までしちゃって、それをあまつさえ本人に聞かれてしまうし。
もう少し、慎重に行動したほうがいいと思ったんだけど。
当然のようにユルゲンにより「反逆罪」で拘束されてしまう。

月ではいま反地球派が主流になって来ているんだからねぇ。
せめて、二人のことも、親地球派に根回ししていれば、なんとか拘束されずにすんだかもしれないのに。

高野さんもデートの邪魔はしたくないと今回は後をつけず。
そんなときだからか、二人をリースがいやフィアッカが襲う。

彼女は、リースの体を借りている存在。
戦争で傷ついた人々の心が生み出した思念体。
もう誰も傷つかないように、再び戦いが起きない様にするそれが使命。

達哉とフィーナの接近は、再び戦争を引き起こす可能性がある。だから排除する。
月の人間の思念体のようで、フィーナは狙わないんだ。
それなら、卑怯だけど、フィーナを庇うんじゃなくてフィーナを盾にすれば逃げられそうなのにね。
達哉がそれを出来るわけ無いんだけど^_^;

確かに人は接すればかならず衝突する。でもそれは乗り越えられる。人間を信じて進むしかないと説得しようとする達哉。
それでも執拗に達哉を狙いつづけるフィアッカ。

寸でのところで、フィアッカをとめるリース。
この二人ならきっとこんなことをしなくてもいい世界を作れるはずだから、もう少し時間が欲しいと。

フィアッカもなんとか猶予をくれることを約束した。
そして、月ではカレンが拘束されたことを伝え、まさに今月と地球は岐路にたっていると。

なんとかするために、月へ戻る事を決意するフィーナ。
今戻ったらそれこそ、敵の思う壺のような気もするんだけどなぁ。

月で拘束されて、ユルゲンと挙式させられるのが見えるようなのだが。

フィーナが切っていたのは、きゅうりだよね。
というかきゅうりに見えるというのは、逆に失敗なのでは、なんて思ってしまう、あのキャベツがあるばかりに^_^;

「夜明け前より瑠璃色な」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« Welcometothe N・H・Kへようこそ! 第22話 | トップページ | ココログがまたまた大規模メンテナンスに突入です »

アニメ」カテゴリの記事

夜明け前より瑠璃色な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/12937038

この記事へのトラックバック一覧です: 夜明け前より瑠璃色な 第9話:

« Welcometothe N・H・Kへようこそ! 第22話 | トップページ | ココログがまたまた大規模メンテナンスに突入です »