« 少年陰陽師 第13話 | トップページ | 平成19年大相撲初場所の番付が発表されました »

2006年12月29日

くじびきアンバランス 第12話(最終回)

「ゆめをかなえてみよう。9点○」

千尋が生徒会長を辞退すると言い出す。
時乃に説得させようとする蓮子たちだが、時乃は「無理」

どうも時乃の運がなくなっている感じだし。
わりばしすらちゃんと割れないとは。

その時乃は、律子に千尋説得を頼む。
こんなものしかないって言って、ようかんと緑茶があるのは十分だと思うけど。

「千尋ちゃんはりっちゃんが好きなんだもの」
落ちこんでいる千尋を見ていたくない。今日は笑ってなかった。
もしかして、千尋が笑ってないと時乃も笑えない。笑えない時乃は運も悪くなるってことか?
なのに、時乃では千尋を笑顔にすることができない。
確かにそれは厳しい状況ではある。
千尋の笑顔を取り戻すためなら、ライバルの律子に頭を下げることだって何でもないだろう。
運がもどってくるんだから(そういう問題じゃないか^_^;

その場では、説得を拒んだようにみえる律子だが、何やら思うところがあるようで、香澄のところへ。
そこで、文字通りの真剣勝負を申し出る。
当然?香澄が圧勝にみえるんだけど、その剣先を避けもせず、目も逸らさずの律子。
香澄は律子を斬れず。

ヘルメットを脱いだ律子(いや、りっちゃん)が、千尋を呼び出す。
そして、生徒会長になってと説得する。

ヘルメット脱ぐと声まで変わるのか。同じ小清水さんが出しているとは思えないくらい印象が違う。
こんなにたくさんの声を操れる人だとは思っていませんでした。お見逸れしました。

律子が生徒会長をやってこられた魔法の呪文
「時乃ちゃんが笑ってくれる。
千尋ちゃんが助けてくれる」

律子は留学する(立橋院のトップがいまさら留学してなにを学ぶのかよくわからないけど)という。婚約も無期延期。
千尋がトップに立つところを見てみたい。
いまよりすごい生徒会になってみせて。

千尋は生徒会長になると改めて決心した。

そして、千尋たちが生徒会を引き継ぐ日がやってくる。
そこに律子の姿はなかったが。

ヘルメットが生徒会長の証しっていうのはわかっていたけど、それぞれの役職ごとに制服がきまっていたんだね。そっちは気付かなかった。
ヘルメットってものすごく重そうだね。
あの重さが、生徒会長をどこか暗い雰囲気にさせるのかもしれない。

期待していたアニメだったけど、期待以上のものには最後までなってくれなかった。
期待外れってほどでもなかったんだけどね。

私の思っているベクトルとは違う方向に進んでしまっていたようで、そこがちょっと残念だった。

iconicon
くじびきアンバランス DVD-BOX I 【DVD3枚組・完全数量限定生産・げんしけんOVA第1巻付】 icon 発売中

くじびきアンバランス DVD-BOX II 【DVD3枚組・完全数量限定生産・げんしけんOVA第2巻付】 icon 2007/2/23発売

「くじびきアンバランス」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« 少年陰陽師 第13話 | トップページ | 平成19年大相撲初場所の番付が発表されました »

くじびきアンバランス」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/13245047

この記事へのトラックバック一覧です: くじびきアンバランス 第12話(最終回):

» くじびきアンバランス 12くじ目「ゆめをかなえてみよう。9点」 [CHEZ MOKANA]
「俺、生徒会長辞退しようかと思う」 てな感じで、千尋が決意を固める!? 他の生徒会候補達は!?そして、律子と時乃との関係は!? 泣いても笑ってもラスト さぁ全力で注目せよ! Yes,your highness! 【ここか... [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 23:57

« 少年陰陽師 第13話 | トップページ | 平成19年大相撲初場所の番付が発表されました »