« きらりん☆レボリューション 第42話 | トップページ | 彩雲国物語 第35話 »

2007年1月27日

デルトラクエスト 第4話

「ナゾナゾ巨人の呪い」

嘆きの湖に向かう途中、橋を守る巨人に行く手を阻まれる3人。
巨人は「真実が偽りとなり、偽りが真実になる」まで守るように魔女テーガンに呪いをかけられていた。

橋を通りたければ、ナゾナゾに答えろという巨人。

最初のナゾナゾ
「5つの棒を1つも取り除かず3つにしろ」
ジャスミンがこの5本の棒で3という数字を作り、正解する。
答えられたものだけが通っていいということで、ジャスミンがまず橋を渡る。

次のナゾナゾ
「なぞのマークがついた板を順番に並べろ」
このマークが数字を鏡文字にして組み合わせたものだということに気付いてバルダが正解する。

リーフへの問題は
「歌の中に生き物がいくつ出てくるか」
計算はあっていたのだが、巨人のズルで不正解^_^;
魔女テーガンのおなかのなかに好物のからすが入っていたって言われてもねぇ。
なんかもっと違ういちゃもんなのかと思ったんだけど。食われてたらもう生き物じゃないじゃんってリーフも答えて見てほしかったけどね^_^;

最後にもう一度だけチャンスをくれるという巨人。
一言だけ言っていいのだが、その内容が
「真実なら首を絞めて殺す」
「偽りなら首をはねて殺す」
という巨人。
それチャンスじゃないし^_^;
しかし、リーフは
「お前は僕の首をはねる」
と答える。

これは真実でも偽りでもない、矛盾する答えだった。
これによりまさに巨人の呪いが解けてもとの姿の鳥となり飛び立って行く巨人だった。

ちょっと違うけど、定番のうそつき族と正直族のクイズを思い出した。

魔女テーガンの好物がからすでもあるし、からすのクリーの両親も魔女テーガンに食われていたこともあって、ここから先のことを考えてクリーを森に帰らせるジャスミンだった。

そのあと、森のなかで、闇の憲兵に捕まっていた、ララド族の青年をみつけて、助けるリーフたち。

さすが小学生向けだけあって、分かりやすい問題だったね。
ナゾナゾっていうよりはIQテストみたいな感じだけど。

「デルトラクエスト」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« きらりん☆レボリューション 第42話 | トップページ | 彩雲国物語 第35話 »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/13683036

この記事へのトラックバック一覧です: デルトラクエスト 第4話:

« きらりん☆レボリューション 第42話 | トップページ | 彩雲国物語 第35話 »